SUPER GTとは?

タイヤまでもが、バラエティに富み!

近頃はF1ですらタイヤはワンメイク(一社供給)なのに、SUPER GTは複数のタイヤメーカーが参戦する稀有なシリーズです。現在は4メーカーが参戦し、絶えず開発を重ね、なおかつコースや天候との相性もあるため、どのメーカーが絶対的に強いということはなく、さらに言えばレース全体のコンペティションレベルを高めてくれています。

1レースで使えるドライタイヤは6セット(24本)までで、これはマーキングタイヤと呼ばれます。予選のQ1で使えるのは1セットで、Q2に進出できなかった車両は、そのマーキングタイヤで決勝をスタートしなければなりません。Q2にも1セットだけで、2セットのうちいずれかでスタートすることとなりますが、どちらを用いるかはQ2終了後の抽選で決められます。なお、ドライタイヤとはSUPER GTの場合、溝の刻まれていない、いわゆるスリックタイヤなので、雨が降ってきた場合は、溝の刻まれたウェットタイヤを使用します。なお、タイヤをウォーマーやドライヤーなどで強制的に加熱することは禁止されていますが、少しでも熱を入れるため、ピット裏などで太陽に当てることは可能です。

なお2019年より第2戦以降、未勝利であるタイヤメーカーのユーザーは、決勝においてドライタイヤ1セットの追加が可能になりました。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります