ペーター・サガン

BORA - HANSGROHE
スロバキア

ペーター・サガンPeter SAGAN

ペーター・サガン
PROFILE
チーム
ボーラ・ハンスグローエ
生年月日
1990年1月26日
身長/体重
184cm/73kg
国籍
スロバキア
twitter
@petosagan
Instagram
petosagan
  • Past results:
  • 世界選手権ロード:2015年・2016年・2017年優勝
  • ジロ・デ・イタリア:2021年ポイント賞、区間通算2勝
  • ツール・ド・フランス:2012年〜2016年・2018年・2019年ポイント賞、2016年総合敢闘賞、区間通算12勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ:区間通算4勝
  • 2011年〜2015年・2018年国内選手権ロード優勝
  • 2013年GPモントリオール優勝、ヘント〜ウェヴェルヘム優勝
  • 2015年ツアー・オブ・カリフォルニア総合優勝、国内選手権個人タイムトライアル優勝
  • 2016年ツール・デ・フランドル優勝、GPケベック優勝、ヘント〜ウェヴェルヘム優勝、欧州選手権ロード優勝
  • 2018年ヘント〜ウェヴェルヘム優勝、パリ〜ルーベ優勝
  • 2021年ボルタ・ア・カタルーニャ区間優勝、ツール・ド・ロマンディ区間優勝

勝ちまくるサガンもいいが、勝てずとも決して折れずに試行錯誤を繰り返す、そんなサガンもまたいい。2020年は区間2位6回、グランツールポイント賞2位2回、サンレモ4位。あと一歩続きのもどかしい日々を、初出場ジロ10日目、力づくで打ち止めた。大逃げの果ての独走勝利だった。


近頃の自転車界には早熟な才能がどんどん出現しているが、サガンだって、11年前は超ド級の神童だった。20歳で欧州ワールドツアー初戦パリ〜ニース区間2勝、21歳で初のステージレース総合優勝、そして22歳からツールのポイント賞5連続受賞(通算7回)。初めての世界王座は25歳と特段早くはないけれど、3連覇は史上初めての快挙。ただモニュメントがフランドル(2016年)とルーベ(2018年)だけで、それぞれ1勝ずつというのは、大方の予想より少ないかもしれない。


さて、2018年に宣言した「2021年末でロードレースを辞める」の期限が、いよいよ迫ってきた。2019年秋にも「2020年にジロ出場したら、もしかしたら引退するかも」なんて口にしている。そのジロの結果、3大ツールすべてで区間勝利を果たし、いよいよ思い残すところがなくなったかも……?


たしかに時にはロードレースに飽きて、マウンテンバイクに戻りたくなったりもするのだろう。自転車界きっての大スターで居続けるのも、決して楽ではないはずだ。ただ脚質的にはサンレモ獲りだってまだ残っているし、(東京五輪は地形が厳しすぎるかもしれないが)シャンゼリゼフィニッシュの2024年パリ五輪なら十分に狙えるはず。それに2年連続中止のカリフォルニアが、もしも復活を果たせた時、相思相愛のサガン(区間17勝、総合1勝、ポイント賞5回)がいなくては寂しすぎるではないか。

text:宮本あさか