マキシミリアン・シャフマン

BORA - HANSGROHE
ドイツ

マキシミリアン・シャフマンMaximilian SCHACHMANN

マキシミリアン・シャフマン
PROFILE
チーム
ボーラ・ハンスグローエ
生年月日
1994年1月9日
身長/体重
183cm/70kg
国籍
ドイツ
twitter
@MaxSchachmann
Instagram
maximilian_schachmann
  • Past results:
  • ジロ・デ・イタリア:区間1勝
  • 2018年ボルタ・ア・カタルーニャ区間優勝、ドイツ・ツアー区間優勝、フレッシュ・ワロンヌ8位
  • 2019年グラン・プレミオ・インドゥストリア・エ・アルティジャナート優勝、ボルタ・ア・カタルーニャ区間優勝、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ3位、フレッシュ・ワロンヌ5位、イツリア・バスク・カントリー ポイント賞&区間優勝、国内選手権ロード優勝
  • 2020年パリ〜ニース総合優勝&区間優勝
  • 2021年パリ〜ニース総合優勝

パリ〜ニース2連覇中。たしかに1度目は新型コロナウイルス感染拡大のせいで最終日前夜で大会は打ち止めとなり、2度目はログリッチの2度の落車で思いがけず転がり込んできたものではあるけれど……、おかげでチーム内での立場がはっきりと変わった。これまで以上に「リーダー」として走る機会が増えた。


ワンデー巧者であり、個人タイムトライアルも長年得意としてきたが、近ごろは難関山岳での進化が著しい。本人によればこれぞ「リーダー効果」。というのは「チームメイト全員が100%アシストしてくれる」から最終盤まで力を温存できるし、また「アシストよりエースのほうが成長=成績向上に直結する」から成長もはっきりと目に見えるのだそうだ。


チーム側の期待は大きい。現所属選手の中で唯一、2024年まで契約更新。もっと大きなレースを勝てるように、ゆっくりじっくり成長させる予定だ。もちろんグランツールの総合争いに興味はある。昨ツール・ド・フランスは「自分が3週間戦えるのかどうかのテスト」のつもりで走った。今年は生まれて初めてミラノ〜サンレモに参戦し、モニュメント勝利も視野に入れる。2020年元日には「東京五輪を勝ちたい」とも語っていたから……2021年もおそらく同じ野心を抱き続けているはずだ。

text:宮本あさか