トニー・マルティン

TEAM JUMBO - VISMA
ドイツ

トニー・マルティンTony MARTIN

トニー・マルティン
PROFILE
チーム
チーム ユンボ・ヴィスマ
生年月日
1985年4月23日
身長/体重
185cm/75kg
国籍
ドイツ
twitter
@tonymartin85
  • Past results:
  • 世界選手権個人タイムトライアル:2011年〜2013年・2016年優勝
  • ツール・ド・フランス:区間通算5勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ:区間通算2勝
  • 2010年・2012年〜2019年国内選手権個人タイムトライアル優勝
  • 2010年ツール・ド・スイス総合6位、エネコ・ツアー総合優勝
  • 2011年ヴォルタ・アン・アルガルヴェ総合優勝、パリ〜ニース総合優勝、ツール・ド・ロマンディ総合2位、ツアー・オブ・北京総合優勝
  • 2012年ツール・ド・ベルギー総合優勝、オリンピック個人タイムトライアル銀メダル、ツアー・オブ・北京 総合優勝
  • 2013年ヴォルタ・アン・アルガルヴェ総合優勝、ティレーノ〜アドリアティコ区間優勝、バスク一周 区間優勝、ツール・ド・ロマンディ区間優勝、ツール・ド・ベルギー 総合優勝、クリテリウム・デュ・ドフィネ区間優勝
  • 2014年バスク一周 区間優勝、ツール・ド・ベルギー総合優勝、ツール・ド・スイス 総合4位
  • 2015年ヴォルタ・アン・アルガルヴェ区間優勝、ツール・ド・ロマンディ区間優勝
  • 2017年ボルタ・ア・ヴァレンシアナ区間優勝

4度の世界タイトルと9度の国内タイトルをもたらし、選手としての地位を高めてくれたもの。それは、間違いなく、タイムトライアルなのだ。

ところが、あまりに才能が高すぎる故か、色々とよそ見をしてしまう癖がある。2011年パリ〜ニース総合優勝をした後は、グランツール総合争いの可能性も考えてみた。2015年ツールで「石畳」区間を制すると、その後は3年連続でパリ〜ルーベ優勝を本気で追い求めもした。

昨季チームを変わると、クラシックに力を裂くのは一切辞めた。代わりに「総合エースの平地アシスト」という新しい役割を手に入れた。かつてはスプリント列車牽引役としてカヴやキッテルに勝利をもたらしたが、昨季はツール総合3位&ブエルタ総合優勝への土台作りに貢献。しかもチームタイムトライアル優勝2回・2位2回と、本職も大いに役立てた。

今年の7月も3人の総合エースを支える大切な任務を託された。タイムトライアルにも改めて集中する。目標は仲間のマイヨ・ジョーヌと、自身5枚目のアルカンシェルジャージだ。

text:宮本あさか 写真:©Yuzuru SUNADA