ローハン・デニス

TEAM INEOS
オーストラリア

ローハン・デニスRohan DENNIS

ローハン・デニス
PROFILE
チーム
チーム イネオス
生年月日
1990年5月28日
身長/体重
182cm/72kg
国籍
オーストラリア
twitter
@RohanDennis
  • Past results:
  • 世界選手権個人タイムトライアル:2018年・2019年優勝
  • ジロ・デ・イタリア:区間1勝
  • ツール・ド・フランス:区間1勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ:区間2勝
  • 2011年トラック世界選手権団体追抜優勝
  • 2014年・2015年世界選手権チームタイムトライアル優勝
  • 2015年ツアー・ダウンアンダー総合優勝
  • 2016年年国内選手権タイムトライアル優勝
  • 2017年ティレーノ~アドリアティコ総合2位、ツール・ラ・プロヴァンス総合優勝、ツール・ラ・プロヴァンス総合優勝、国内選手権タイムトライアル優勝
  • 2018年国内選手権個人タイムトライアル優勝

激動の半年間だった。始まりは昨ツール第12ステージでの突然のリタイア。説明もないまま、2度と前所属バーレーン・メリダのジャージを着て走ることはなかった。9月25日にはメリダ……ではなく、走り慣れたBMCバイクで世界選個人TT2連覇を果たす。その数日後に「実は9月13日にバーレーンとの契約は終了してました」なんてリリースを後出し配信。そして2019年12月9日、ようやく現チームとの契約が発表された。

独走力は超一品。グランツールでの4度の区間勝利は全て個人TTの賜物で、2015年には52.491kmのアワーレコードも樹立(3ヶ月後に塗り替えられた)。チームワークだって苦手ではない。トラック団体追抜では2度の世界王座+五輪銀メダルを獲得し、TTTでも2度の世界選制覇へとチームを牽引してきた。

多くのTT巧者と同じく、「総合系」への移行を検討したことも。……ただし摂食障害気味になり、進路を再修正。自分にとってのTT向き適正体重(70〜71kg)をこの先も保つことに決めた。つまり東京ではTTでメダルを目指す。その後は再度アワーレコードに挑戦だ。

text:宮本あさか 写真:©Yuzuru SUNADA