ミハウ・クフィアトコフスキ

TEAM INEOS
ポーランド

ミハウ・クフィアトコフスキMichal KWIATKOWSKI

ミハウ・クフィアトコフスキ
PROFILE
チーム
チーム イネオス
生年月日
1990年6月2日
身長/体重
176cm/68kg
国籍
ポーランド
twitter
@kwiato
  • Past results:
  • 世界選手権ロード:2014年優勝
  • 2011年デ・パンネ3日間 総合3位
  • 2012年ツール・ド・ポローニュ総合2位
  • 2013年ヴォルタ・アン・アルガルヴェ総合2位、ティレーノ〜アドリアティコ総合4位&新人賞、アムステルゴールドレース4位、フレッシュ・ワロンヌ5位、国内選手権ロード優勝
  • 2014年ヴォルタ・アン・アルガルヴェ総合優勝、ストラーデ・ビアンケ優勝、バスク一周 総合2位&ポイント賞、国内選手権個人タイムトライアル優勝、フレッシュ・ワロンヌ3位、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ3位
  • 2015年ヴォルタ・アン・アルガルヴェ総合2位、パリ〜ニース総合2位&新人賞、アムステル・ゴールドレース優勝
  • 2016年E3・ハレルベーク優勝
  • 2017年ストラーデ・ビアンケ優勝、ミラノ〜サンレモ優勝、アムステル・ゴールドレース2位、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ3位、国内選手権個人タイムトライアル優勝、クラシカ・サンセバスチャン優勝
  • 2018年ヴォルタ・アン・アルガルヴェ総合優勝&ポイント賞、ティレーノ〜アドリアティコ総合優勝、ツール・ド・ポローニュ総合優勝&ポイント賞、国内選手権ロード勇姿雨
  • 2019年パリ〜ニース総合3位&ポイント賞、ミラノ〜サンレモ3位

そもそも2014年世界選手権の優勝記者会見の最初の質問が、「名前の読み方を教えてください」だった。しかも1度目の発音では誰も理解できず、もう1度、名前を繰り返す羽目になった!

すなわち名前が世間にあまねく知れ渡る前に、24歳の若さでアルカンシェルジャージを手にしてしまったのだ。前年のツールで新人賞ジャージを10日間着用していたし、その年の春先にはストラーデ・ビアンケ優勝(ただし未だ1クラス大会だった)にフレーシュ&リエージュ3位と好成績を並べていたから、「知る人ぞ知る」という存在ではあったけれど。

大きなタイトルに見合うだけの成績は、後からついてきた。虹色ジャージでアムステルを勝ち取り、さらにはE3ハーレルベーケ、サンレモ、サンセバスティアン……。ステージレースにも順調に勢力は拡大し、ティレーノとポローニュで総合勝利。パリ〜ニースも2度の表彰台に立った。

昨春はついに「トーマスと同じ軌道を歩みたい」=「いつかグランツールで総合エースを張りたい」と公言。果たして2020年にチャンスが訪れるだろうか。とにかく、来る日に向けて、今は登坂能力を磨き上げている真っ最中だ。

text:宮本あさか 写真:©Yuzuru SUNADA