チーム&ドライバー

TOYOTA GAZOO RACING

マシン名
トヨタGR010 HYBRID
クラス
ハイパーカー

長年スポーツカー耐久レースへの挑戦を続けているトヨタ。1980~90年代はグループCカーで挑み、98~99年はGT1で挑戦。F1活動の後、2012年から自慢のハイブリッド技術の鍛錬の場としてル・マン/WECに挑んでおり、2018年には念願のル・マン初制覇を果たすと、2020年まで3連覇を果たした。

2021年からは、新たなハイパーカーカテゴリーに向けて、新開発のGR010 HYBRIDで挑む。今後強力なライバルが続々増えていくことは間違いなく、そのための勝負の年になるのは間違いない。とはいえ、これまでLMP1で培ってきた高い技術力を武器に、今後も王者として君臨することができるか。ドライバーの顔ぶれはLMP1時代から持ち越しで、ノウハウは十分にある。

Profile

No.7 DRIVERS マイク・コンウェイ

クレバーな走りが売りのイギリス人ドライバー。F1テストドライバー等を経て2009年にアメリカへ。インディカー・シリーズで活躍し、2014年にスポーツカーレースへ。トヨタのドライバーとして7号車を駆り参戦を続けている。

Profile

No.7 DRIVERS 小林 可夢偉

トヨタの育成ドライバーとしてヨーロッパでステップアップを果たし、09年にF1デビュー。2014年までF1で戦ってきた。2016年からはWECにも参戦を開始。WECチャンピオンを獲得やデイトナ24時間制覇は果たしたが、ル・マン24時間にはなかなか勝利に手が届かず、今季こそ悲願達成を狙っている。

Profile

No.7 DRIVERS ホセ・マリア・ロペス

アルゼンチンから渡欧し、F1を目指しテストドライバーを務めたが、その後ツーリングカーレースに転向。WTCC世界ツーリングカー選手権に参戦し、2014~16年と3連覇の偉業を達成した。WEC参戦開始後は慣れないマシンに苦戦したが、いまやチームの信頼を得ている。

Profile

No.8 DRIVERS セバスチャン・ブエミ

レッドブルのサポートドライバーとして、F1でも活躍。2012年からトヨタに加入し、エースドライバーのひとりとして数えられている。WECと並行してフォーミュラEでも活躍。複数の日本メーカーとの信頼を得ているドライバーだ。

Profile

No.8 DRIVERS 中嶋 一貴

親子二代の元F1ドライバー。ジュニアフォーミュラ時代からトヨタドライバーとして活躍しており、2012年にトヨタがWECに参戦を開始してから、一貫してチームを支える大黒柱でチームの信頼も厚い。長年悲運にも泣かされてきたが、2018年にル・マン24時間で初優勝。これまでル・マン3連覇、さらに日本人初のサーキットレースにおけるワールドチャンピオンに輝くなど、栄冠を獲得しつづけている。

Profile

No.8 DRIVERS ブレンドン・ハートレー

ニュージーランド人のドライバー。レッドブルのサポートを受け、2008年からトロロッソのリザーブドライバーに。2012年からはスポーツカーレースにも参戦した。ポルシェワークスやF1参戦を経て、2019年にトヨタ入りを果たしている。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります