アレハンドロ・バルベルデ

MOVISTAR TEAM
スペイン

アレハンドロ・バルベルデAlejandro VALVERDE

アレハンドロ・バルベルデ
PROFILE
チーム
モビスター チーム
生年月日
1980年4月25日
身長/体重
178cm/61kg
国籍
スペイン
twitter
@alejanvalverde
Instagram
alejandvalverde
  • Past results:
  • 世界選手権ロード:2018年優勝
  • ジロ・デ・イタリア:2016年総合3位、区間1勝
  • ツール・ド・フランス:2015年総合3位、区間4勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ:2003年総合3位&複合賞、2006年・2019年総合2位、2009年総合優勝&複合賞、2012年総合2位&ポイント賞&複合賞、2013年総合3位&ポイント賞、2014年総合3位、2015年ポイント賞、2018年ポイント賞、区間12勝
  • 2006年・2008年・2015年・2017年リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ優勝
  • 2006年・2014年・2015年・2016年・2017年フレッシュ・ワロンヌ優勝
  • 2008年・2009年クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ総合優勝
  • 2008年・2014年クラシカ・サンセバスチャン優勝
  • 2008年・2015年・2019年国内選手権ロード優勝
  • 2014年国内選手権個人タイムトライアル優勝
  • 2021年グランプレミオ・ミゲル・インデュライン優勝

ワールドツアー最年長。4月で41歳になる。2002年に始めたプロキャリアは、20年目に突入し、「無敵男」は可能な限りの栄光を手にしてきた。グランツール総合優勝も(2009年ブエルタ)、全グランツール総合表彰台乗りも(2015年ツール3位、2016年ジロ3位)、モニュメントタイトルも(リエージュ4勝)。年間世界1位の座には、5回も上り詰めた。


長寿ならでは、「史上最多記録」も数多く誇る。フレーシュ・ワロンヌ5回優勝、グランツール総合トップ10入り20回、リエージュ表彰台7回(タイ)。世界選手権表彰台7回……というのは、本人にとっては決して嬉しい記録ではなかったが、2018年にとうとう頂点を手にした。38歳で虹色のジャージを身にまとい、もはや足りないものは五輪金メダルだけかもしれない。


そもそも五輪にはすでに4度も出場しているが、表彰台すら上ったことがない。最高位は2008年北京五輪の13位。人生最後の東京五輪で悲願を達成するため、過去13回、連続9回出場のツールにはもはや戻らない覚悟だ。


その代わりに、母国のブエルタで、長く栄光に満ちたキャリアを締めくくる。出場14回、総合優勝1回、区間優勝12回、リーダージャージ着用27日間、表彰台7回(史上最多)、総合トップ10入り12回(史上最多)、複合賞3回(史上最多)、ポイント賞4回(史上最多タイ)。どうやら山岳賞の青玉ジャージも足りない!

text:宮本あさか