ギヨーム・マルタン

COFIDIS, SOLUTIONS CRÉDITS
フランス

ギヨーム・マルタンGuillaume MARTIN

ギヨーム・マルタン
PROFILE
チーム
コフィディス・ソルシオンクレディ
生年月日
1993年6月9日
身長/体重
173cm/55kg
国籍
フランス
twitter
@GuilmMartin
  • Past results:
  • 2017年ジロ・ディ・トスカーナ総合優勝
  • 2019年ジロ・ディ・シチリア総合2位
  • 2020年ブエルタ・ア・サンフアン総合優勝&山岳賞

23→21→12。小さなベルギーのプロコンチネンタルチームで、過去3年、地道にツール総合順位を上げてきた。今年はついに、生まれて初めて祖国フランスチームのジャージをまとい、初めてワールドツアー選手としてツール・ド・フランスに挑む。

チームは大胆に総合トップ5入りを野望に掲げる。「限界を設けてはならない」とは思うものの、本人の目標は堅実に総合トップ10入り。それより区間勝利が狙いたい……とも考える。前後にアルデンヌとブエルタも走るが、目標はぶれず、ただ7月だけに全力投球の予定だ。

哲学活動にも余念がない。きっかけはアランの「幸福論」。大学院の修士論文は「現代スポーツ:ニーチェ哲学の応用?」。一昨年は演劇用脚本「プラトンvsプラトッシュ」執筆。昨年は哲学本「自転車に乗ったソクラテス」出版。村上春樹の描く非現実的な疑問に満ち満ちた世界をこよなく愛し、ドストエフスキーやフィッツジェラルドにもどっぷりはまった。ちなみに哲学が現実社会の役に立つとは思わないが、アスリートの抱く苦しみは、哲学的疑念に通じると考える。

text:宮本あさか 写真:©Yuzuru SUNADA