歴史

フィギュアスケートの始まり

オランダでは、冬になると運河がほとんど氷結したのでスケート遊びが盛んだった。 英語の「SKATE」の語源となったのはオランダ語の「SCHATE」であり、最初に木製スケートを開発したのもオランダ人だ。 そのオランダで「ダッチロール」と言われる滑走術が生まれた。両腕を前に組み背筋をそらしぎみにし、片足のアウトエッジで氷上に弧線を描きながら、 もう一方の足を後方に伸ばしてバランスを保つこの滑走術は、芸術性のある優雅なフォームが特徴的だった。17世紀の半ばイギリスに渡った「ダッチロール」だが、 イギリスではその優雅さよりも、むしろ曲線を滑走する技術に耳目が注がれる。やがてそのイギリスで多くの曲線滑走術が考案されていく。

音楽とスケーティングの出逢い

19世紀、ニューヨーク出身のバレエ教師ジャクソン・ヘインズはスケーティングにバレエのポーズやダンス・ステップを取り入れることを考案した。 1863年には非公式であるが全米チャンピオンとなる。間もなくヨーロッパへ渡ったヘインズは、ウィンナワルツに出会ったことで音楽をスケーティングに取り入れることを考案。 ベートヴェンやシューベルトの曲も使うことで好評を博し、これが今日のフリースケーティングの原型となった。
1879年には、エジソンが開発したばかりの白熱灯照明を使い、ナイター競技がウィーンで開かれた。このことがフリースケーティングの人気をより一層深めた。

イギリスが重視した曲線滑走術と、「FIGURE SKATE」

氷上についた滑走跡(トレース)を、一定の図形として滑ることが目的の競技が始まり、後の1892年には国際スケート連盟(ISU)が結成された。 17世紀半ば以降、その曲線を滑走する技術に深い関心を寄せていたイギリスは、図形課題を重視することを競技規定の決定時に主張する。これを受けて、 「氷上を滑りながら描く図形」を意味する「FIGURE SKATE」が競技全体の名称として採用されることになった。
図形滑走は第一回の世界選手権以来、コンパルソリー(必要課題)とされたが、1990年限りで競技会から消滅。しかし、競技名としてはその名を残している。

世界選手権やオリンピックで実施されているフィギュアスケート

シングルスケーティング(男子・女子)、ペアスケーティング、アイスダンスの三部門があるが、世界選手権に加えられたのは1952年、 オリンピック種目とされたのは1976年からである。
女子シングル・ペアがタイトル公認されたのは1924年。ペアは、男女が組んでシングルの技を応用することに始まり、1920年代末に考案されたリフト (男子が女子を頭上に持ち上げる技)などが今日の演技の基本となった。
シングルは、コンパルソリー(規定図形)とフリーの2種目で行われてきた。後の1973年には「ショートプログラム」が加わり、シングルとペアに導入された。 これに伴いコンパルソリーが1990年限りで後退した。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります