歴史

歴代チャンピオン

第1回
1935年 Gustave Deloor
第2回
1936年 Gustave Deloor
第3回
1941年 Julian Berrendero
第4回
1942年 Julian Berrendero
第5回
1945年 Delio Rodriguez
第6回
1946年 Dalmacio Langarica
第7回
1947年 Edouard Van Dyck
第8回
1948年 Bernardo Ruiz
第9回
1950年 Emilio Rodriguez
第10回
1955年 Jean Dotto
第11回
1956年 Angelo Conterno
第12回
1957年 Jesus Lorono
第13回
1958年 Jean Stablinski
第14回
1959年 Antonio Suarez
第15回
1960年 Franz De Mulder
第16回
1961年 Angelino Soler
第17回
1962年 Rudi Altig
第18回
1963年 Jacques Anquetil
第19回
1964年 Raymond Poulidor
第20回
1965年 Rolf Wolfshohl
第21回
1966年 FranciscoGabicagogescoa
第22回
1967年 Jan Janssen
第23回
1968年 Felice Gimondi
第24回
1969年 Roger Pingeon
第25回
1970年 Luis Ocana
第26回
1971年 Ferdinand Bracke
第27回
1972年 Jose Manuel Fuente
第28回
1973年 Eddy Merckx
第29回
1974年 Jose Manuel Fuente
第30回
1975年 Augustin Tamames
第31回
1976年 Jose Pesarrodona
第32回
1977年 Freddy Maertens
第33回
1978年 Bernard Hinault
第34回
1979年 Joop Zoetemelk
第35回
1980年 Faustino Ruperez
第36回
1981年 Giovanni Battaglin
第37回
1982年 Marino Lejarreta
第38回
1983年 Bernard Hinault
第39回
1984年 Eric Caritoux
第40回
1985年 Pedro Delgado
第41回
1986年 Alvaro Pino
第42回
1987年 Luis Herrera
第43回
1988年 Sean Kelly
第44回
1989年 Pedro Delgado
第45回
1990年 Marco Giovanetti
第46回
1991年 Melchor Mauri
第47回
1992年 Toni Rominger
第48回
1993年 Toni Rominger
第49回
1994年 Toni Rominger
第50回
1995年 Laurent Jalabert
第51回
1996年 Alex Zulle
第52回
1997年 Alex Zulle
第53回
1998年 Abraham Olano
第54回
1999年 Jan Ullrich
第55回
2000年 Roberto Heras
第56回
2001年 Angel Luis Casero
第57回
2002年 Aitor Gonzalez
第58回
2003年 Roberto Heras
第59回
2004年 Roberto Heras
第60回
2005年 Denis Menchov
第61回
2006年 Alexandre Vinokourov
第62回
2007年 Denis Menchov
第63回
2008年 Alberto Contador
第64回
2009年 Alejandro Valverde
第65回
2010年 Vincenzo Nibali
第66回
2011年 Juan Jose Cobo
第67回
2012年 Alberto Contador
第68回
2013年 Christopher Horner
第69回
2014年 Alberto Contador
第70回
2015年 Fabio Aru
第71回
2016年 Nairo Quintana
第72回
2017年 Chris Froome
第73回
2018年 Simon Yates

ブエルタのルール

総合タイム首位(ティエンポス)/マイヨ・ロホ

マイヨ・ロホ

各ステージ終了後、初日から当日までの総合タイムトップの選手が、総合首位として毎日表彰を受ける。 また全21ステージを通しての総計首位選手がブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝に輝く。この総合リーダーに授与されるのが、赤色のリーダージャージだ。

ポイント賞(プントス)/マイヨ・ベルデ

マイヨ・ブントス

キング・オブ・スプリンターを決める賞。各ステージ途中に設けられる中間スプリントポイント(上位3人に4、2、1pt)と、フィニッシュに設けられるステージポイント(上位15人に25、20、16、14、12、10、9、8、7、6、5、4、3、2、1pt)を最も多く獲得した選手に与えられる。 そしてこのポイント賞リーダーに授与されるのが緑色のジャージだ。

山岳賞(モンターニャ)/マイヨ・ルナレス・アスーレス

マイヨ・モンターニャ

山岳王を決定する賞。各峠の頂上に設定された山岳ポイントの合計で争われる。 山岳ポイントのカテゴリーはポイントの多いほうから超級アルベルト・フェルナンデス賞(上位6人に20、15、10、6、4、2pt)・超級(上位5人に15、10、6、4、2pt)・1級(上位5人に10、6、4、2、1pt)・2級(上位3人に5、3、1pt)・3級(上位3人に3、2、1pt)と5段階。 そしてこの山岳賞リーダーに授与されるのが、白地に青玉があしらわれたジャージだ。

新人賞(メホル・ホベン)/マイヨ・ブランコ

マイヨ・ビアンコ

昨季まで存在した複合賞(マイヨ・コンビナーダ)は廃止され、代わって新人賞ジャージが導入された。1994年1月1日より後に生まれた若き選手の中から、総合順位の最も高い選手に与えられる。新人賞リーダーには純白のジャージが与えられる。

チーム総合順位

各チームの各ステージ上位3選手のタイムを総計することで、チーム総合順位が決定される。

敢闘賞

第1~20ステージの各ステージで、最も健闘した選手が選出される。 まずは敢闘賞審査団が3選手をノミネート。その後ファンによるインターネット&電話投票によって、最も得票の多かった選手が受賞者となる。 敢闘賞受賞者は翌ステージに黄色のゼッケンをつけて出走する。またブエルタ最終日には、審査団により、大会を通しての敢闘賞選手「スーペルコンバティボ」が指名される。

ボーナスタイム

タイムトライアルステージ(第1、10ステージ)を除く各ステージの中間スプリントとフィニッシュ地点では、上位通過者3名にボーナスタイムが与えられる。
●中間ポイント:3、2、1秒
●ゴール:10、6、4秒

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります