1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ABOUT ツールとは

ツール・ド・フランスとは

栄誉ある「マイヨ・ジョーヌ」こと、黄色に輝くリーダージャージを目指して男たちが凌ぎを削る

毎年7月の3週間、フランスの町や村が黄色に染まり、小さな田舎道や山道が巨大なスポーツスタジアムに変わる。全長3500kmもの長いコースには、約1500万の観衆が詰めかけ、勝者だけでなく全ての選手に心からの声援をおくる。地球上の190カ国のファンは、時差を乗り越え、TV画面の中のヒーローを見つめる。1903年にパリで産声を上げたフランス一周レースは、21世紀の現代も、毎夏、我々の心を震わせる。

今大会概要

夏季五輪、サッカーW杯に続く世界で3番目に大きいスポーツイベントは、2017年、ドイツのデュッセルドルフから走り始める。1954年に初のフランス国外開幕を体験したツールにとって、ドイツ開幕は1965年ケルン、1980年フランクフルト、1987年西ベルリンに次ぐ4回目。実に30年ぶりに、「ライン川の向こう」の隣国にプロトンが集結する。

第104回大会の参加を許されたのはUCIワールドチーム18と、招待枠を獲得したUCIプロコンチネンタルチーム4の計22チーム。各チームはそれぞれ9選手で構成され、計198選手がスタートラインに並ぶことになる。ただし3週間・全21ステージで争われる壮大なレースの初日は、いわゆる顔見世の代わりに、選手は1人ずつコースへと走り出していく。デュッセルドルフ市街地で行われる平坦な14kmの個人タイムトライアルで、2017年最初のマイヨ・ジョーヌの持ち主が決する。

翌第2ステージには、早くもドイツを抜けだして、ツール一行はベルギーのリエージュとたどり着く。さらに翌日は大急ぎでフランス入国だ。なにしろ今大会は開催委員会は、とてつもなく移動の多いコースを作り上げた。フランス東部をどんどん南下し、アルプスの入り口に差し掛かったと思ったら、休養日を利用して一気に西部へと飛ぶ。そのまま西から東へと進みながら後半の戦いを繰り広げたのち、最後にはほぼフランス最南端からパリへとひとっ飛び。

つまり極めて野心的なコースでもある。ステージ配分は平坦9、中級山岳5、難関山岳5、個人タイムトライアル2で、確かに山頂フィニッシュはたったの3回..ではあるけれど、実のところ山の割合は非常に多い。なんと25年ぶりにフランス本土に点在する5大山脈(アルプス、ピレネー、マシフ・サントラル、ヴォージュ、ジュラ)が登場するのだ。おまけに、滅多にないほどの、激坂続き!

中でも最初に選手の前に立ちはだかるのが、ヴォージュ山脈だ。しかも第5ステージの締めくくりに、20%超の激坂、プランシュ・デ・ベル・フィーユがぶつけられる。史上2度の登場で、2度共にマイヨ・ジョーヌの行方が確定した、いわゆる「決定的な」土地だ。2017年大会の総合争いも、あっさり決まってしまうだろうか。少なくとも、総合争いの大筋は、見えてくる。

ジュラ山脈は、第8、第9ステージと、たっぷり2日間満喫する。特に日曜日の第9ステージは、急勾配のオンパレード。コース中盤のコル・ド・ラ・ビッシュは平均勾配9%・最大12%、続くグラン・コロンビエは平均勾配9.9%・最大22%、フィニッシュ手前のモン・デュ・シャは平均10.3%・最大19%!そこから大急ぎでフィニッシュまで駆け下りなければならないというのもまた、スリリングな展開をはらんでいる。

お次はピレネー山脈の出番だ。第12ステージ、214.5kmの長いコースの果てにペイラギュードで山頂フィニッシュを争うと、翌日はわずか101kmで3つの上りをこなす。この超がつくほどの山岳短距離走は、近年ツールが積極的に取り入れている。スタート直後から総合候補者たちのアタック合戦を誘発し、マイヨ・ジョーヌ争いを大きく引っ掻き回したいというのが狙いだ。

さらにはマシフ・サントラル、いわゆる中央山塊へ。第15ステージに、大逃げ好きにはぴったりの、くねくね道を走るアップダウンコースが用意された。そうは言っても終盤コル・ド・ペイラ・タイヤードは、勾配12%ゾーンが延々1kmも続き、最大14%ゾーンも登場するというかなりの激坂。

5大山脈の締めくくりには、アルプス山脈が選ばれた。第17ステージでは、今大会最標高地点へと上り詰める。ツール伝説の巨人、標高2642mのガリビエ峠の登場だ。ただし2011年に史上初めてフィニッシュ地を迎え入れたガリビエ山頂から、30kmもの長い下りを経た先が、この日の到達地点。一方で翌第18ステージで、もう1つのアルプスの伝説、イゾアール山頂が史上初めて区間勝負を見届ける。全長14.1kmの山道後半の勾配は、軒並み10%を超える。2017年ツールの最後の「直接対決」の舞台として、相応しい場所だ。ただ果たして、ここで2017年ツールの争いが完全に決するかどうかは、定かではない。

なにしろパリ到着の前日、マルセイユにて、22.5kmの個人タイムトライアルが執り行われる。しかもコース半ばには、港町を見下ろすノートルダム・ド・ラ・ガルド教会へと向かう、今大会最後の激坂が待っている。登坂距離は1.2kmで、平均勾配は9.5%!全5山脈を乗り越え、あらゆる激坂を制し、マルセイユのヴェロドローム競技場へ総合首位として走りこんできた者こそが、2017年マイヨ・ジョーヌの座に輝くのだ。

翌日、770kmもの距離を飛び越えて、2024年五輪の招致活動真っ最中のパリへとたどり着く。3週間の長い冒険を最後まで走りきったご褒美に、選手たちには、展覧会場グラン・パレの内部を史上初めて突っ走る特権も与えられる。もちろんフィナーレには、シャンゼリゼでの、とてつもなく華やかなスプリント合戦が用意されている。

前回大会を振り返る

ユネスコ世界遺産のモンサンミシェルから走りだした2016年大会の、第一幕は、スター選手たちによる初めてのマイヨ・ジョーヌで彩られた。

開幕時すでにツール区間26勝・グランツール区間44勝を誇ったマーク・カヴェンディッシュは、初日のスプリントを制し、夢にまで見た生まれて初めてのイエロージャージを手に入れた。翌日には現役世界チャンピオンにして、マイヨ・ヴェール4回獲得のペテル・サガンが、やはり生まれて初めての黄色に歓喜した。第5ステージの終わりには、グレッグ・ヴァンアーヴェルマートが、1枚目のマイヨ・ジョーヌに袖を通した。リーダージャージで奮闘の3日間を過ごした約1か月後には、ブラジルのリオで五輪金メダルに輝いた。

第7ステージの終わりに、ゴール1km地点のアーチ、フラムルージュがプロトンの頭上に落っこちてきた。そこから先のツールは、まさに衝撃の連続だった。ピレネー難関峠の、ペイルスルド山頂を超えた瞬間に、まさかクリス・フルームがダウンヒルアタックを繰り出すとは..!予想外の手法でついにマイヨ・ジョーヌを手にしたディフェンディングチャンピオンは、平坦ステージの終盤には、吹き付ける強い横風を利用して大胆にもサガンと2人で飛び出した。さらにモン・ヴァントゥの山道では、レース内のオートバイに激突し..スペアバイクを待ちきれずに、足で走って上った!長い審議の果てに、タイム救済措置が取られ、フルームのマイヨ・ジョーヌは守られた。

ツールが禿山から外界に降り、世間が革命記念日を祝う夜、フランスに悲しみが襲った。南仏のニースでテロ事件が発生し、多くの市民が命を落としたのだ。選手の腕には黒い喪章が巻かれ、キャラバン隊や表彰式からは数日間音楽が消えた。

そんな中、ロマン・バルデの活躍が、フランスを救った。第18ステージの山岳タイムトライアルを制したフルームが、着々と3度目の戴冠へと突き進んでいた。その時点で総合5位につけていた25歳は、翌日、アルプスの難関山頂へ向かって勇敢なるアタックを成功させる。独走で区間勝利をさらいとると共に、総合2位へのジャンプアップを果たした。

雨に濡れたアルプス最後の第20ステージではフルームが落車する場面も見られたが、強固なチームにしっかりと守られ、もはやマイヨ・ジョーヌの座が脅かされることはなかった。フルームの人生3度目のツール総合優勝が確実となった翌日、パリに103度目の凱旋を果たしたツール一行は、アンドレ・グラペルの2年連続のシャンゼリゼ勝利を見届けた。

photo : ©Yuzuru Sunada

CHECK!

ツール・ド・フランス2017の基本情報から、現地よりお届けする最新情報まで。

鴻帥PCс若荀恰鐚<荀J SPORTS 潟潟
絎с若荀恰鐚活昭帥膣30ц翫純鴻種
J:COM宴若TV J SPORTS荀眼J:COM
Racecenter

ビクトリ ピクトリ ゆるキャラグランプリ投票はこちら

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.