ツールとは

ツール・ド・フランスとは

ツール・ド・フランスとは 栄誉ある「マイヨ・ジョーヌ」こと、黄色に輝くリーダージャージを目指して男たちが凌ぎを削る

1919年7月19日、ツール・ド・フランスの真っ只中に、史上初めて「プロトン内で総合リーダーを見分けるジャージ」がお目見えした。あれから通算266人、計24カ国の選手により黄色いジャージは引き継がれ、2019年でちょうど100年。今年で第106回目を数える世界最大の自転車レースは、いまや自転車界のシンボルとなったマイヨ・ジョーヌの、誕生100周年を華やかに祝う。

記念すべき大会の開幕地に選ばれたのは、ベルギーのブリュッセル。つまり史上最強の自転車選手エディ・メルクス……つまりツール総合5勝にして、マイヨ・ジョーヌを史上最多の111区間(97日間)着用した「カニバル(人食い)」のお膝元だ。黄色いジャージを代表するにふさわしい大チャンピオンの、ツール初制覇(1969年)から50周年というのもまた、今大会の大きな目玉のひとつ。

だからこそ2019年大会のマイヨ・ジョーヌには、特別な趣向が凝らされた。なんと毎日、図柄が変わるのだ!そして全部で21枚用意されたスペシャルデザインジャージの、名誉ある1枚目を身にまとうのは、7月6日(土)、ブリュッセルでの軽い上りスプリントフィニッシュを制した選手だ。

総距離3480.3km、全21ステージの内訳は、平坦7、起伏5、山岳7(うち山頂フィニッシュ5)、個人タイムトライアル1、チームタイムトライアル1。休息日は2回で、飛行機移動は1回。史上23回目の外国スタートを切った後、第3ステージで大会の本国へと帰還する。

大会最初のヒエラルキーは、2日目のチームタイムトライアルで出来上がる。クライマーにとって幸いなのは、個人タイムトライアルは第13ステージの1度だけ。27.2kmと距離もそれほど長くはない。

むしろ今大会は、本物のクライマー向けに作られた。ヴォージュ山塊→中央山塊→ピレネー山脈→アルプス山脈と、4つの大きな山地を通過する。しかも山頂フィニッシュは計5回と多く、うち3回が標高2000m超級!ツールの伝説峠トゥルマレ&ガリビエが両方登場し、アルプスで最も標高の高い舗装路イズラン峠(2770m)も通過する。

山男たちの最初の戦いの舞台はヴォージュ山塊、第6ステージのプランシュ・デ・ベル・フィーユ。おなじみ勾配20%超の坂道だが、今年は単純な激坂一発勝負ではない。その前に7つの峠が組み込まれ、本格派難関山岳ステージが用意された。早くも2019年夏の勢力図が、ぼんやりと見えてくるだろう。

中央山塊でトリッキーな起伏をこなした後、プロトンは大会2週目にピレネー山脈へと分け入る。初日はダウンヒルフィニッシュで脚だめし。さらに軽い起伏を含む個人タイムトライアルを挟んで、2日連続の山頂フィニッシュが待ち構える。中でも史上3度目のトゥルマレ山頂ゴールが用意された第14ステージは、近頃流行りの117.5km超短距離決戦だ!

ピレネーを抜け出すころには、総合の順列は完成形に近づき、タイム差もすでに大きく開いているはずだ。しかし2019年大会のアルプス3連戦は、間違いなく、大逆転の可能性を秘めている。

なにしろ第18ステージは、ガリビエを含む標高2000m超の巨大峠を3つ乗り越えねばならない。翌日はイズランの2770mを乗り越え、さらにティーニュでの山頂フィニッシュを争う。そしてパリ到着前夜の第20ステージの終わりには、ヴァル・トランス山頂へと続く、全長33.4kmもの気が遠くなりそうな長い上りが待っている……!

そして標高2365mの高みで、総合首位に立った者こそが、翌日のパリに2019年ツール総合覇者として凱旋する。そしてこの世に1枚しか存在しない素敵なデザインのマイヨ・ジョーヌを、世界で一番華やかな大通りシャンゼリゼで身にまとうのだ。

前回大会を振り返る

記録への大きな期待で、2018年大会は幕を明けた。なにしろクリス・フルームにとっては、史上5人目の「5勝クラブ入り」がかかっていた。つまり1998年マルコ・パンターニ以来となるジロ・デ・イタリア&ツール・ド・フランスの同一年総合制覇でもあり、さらには2017年ツール→2017年ブエルタ→2018年ジロ→2018年ツールの4グランツール連続優勝は、あのエディ・メルクスに続く史上2人目の快挙となるはずだった。

しかしノワール・ムティエ島から走り出した第1ステージの終盤、スプリントに向け突き進んでいたプロトンに次々とアクシデントが発生する。フルームもまた残り5km地点で、落車の犠牲となった。こうして初日ですでに、チームメートのゲラント・トーマスから51秒もの遅れを喫してしまう。以来、2人の立場が逆転することは、一度もなかった。

大会1週目は伝統に則って、スプリンターたちの競演で賑わった。フェルナンド・ガビリアとペーター・サガン、ディラン・フルーネウェーヘンが、それぞれに2勝ずつ仲良く分け合った。第3ステージのチームタイムトライアルではBMCが最速タイムを叩き出し、グレッグ・ヴァンアーヴェルマートが8日間マイヨ・ジョーヌを身にまとった。

ちょっとしたスパイス代わりに、6日目にはミュール・ド・ブルターニュの上りフィニッシュが挟み込まれた。ダニエル・マーティンが坂道を真っ先に駆け上がった。総合優勝候補のトム・デュムランとロメン・バルデが、メカトラで大きくタイムを失った。

もちろん大会前半のクライマックスにして、最大の大虐殺は、第9ステージに待ち受けていた。パリ〜ルーベの石畳へ踏み込む前に、早くもリッチー・ポートが落車で大会を去った。パヴェではバルデが繰り返しパンクの被害にあい、フルームも落車した。ジョン・デゲンコルプが復活勝利で嬉し涙を流した背後では、ミケル・ランダとリゴベルト・ウランが落車の痛みに喘いだ。

ただトーマスだけが、ひどく荒れた前半戦を無傷で抜け出した。2018年新導入のポイントボーナスさえも軽く収集し、総合2位でアルプスへと乗り込んだ。

ジュリアン・アラフィリップの初勝利で始まった大会2週目、大会初の山頂フィニッシュで、トーマスが全てを掌握する。区間を制してマイヨ・ジョーヌも手に入れると、翌日ラルプ・デュエズの山頂さえもさらいとった。ここでも不運が総合ライバルを襲う。総合4位に付けていたヴィンチェンツォ・ニバリが、観客のせいで落車し、翌日に大会を去ることになったのだ。

ピレネーへと向かう「移動ステージ」は、サガンとマグニュス・コルトニールセンがさらいとった。マンドの激坂ではオマール・フライレが大逃げ勝利に歓喜し、デュムランはスカイコンビを揺さぶりにかかった。ただし……たとえエースとアシストの立場が入れ替わろうとも、長年チームメートとして培ってきた2人の信頼関係を、脅かすことは出来なかった。

最終週はアラフィリップ2度目の快挙で走り出した。しかも赤玉ジャージをしっかりと着込み、地元フランスを大いに喜ばせた。一方この日、6度目の緑ジャージ獲得を早々と確定させたサガンは、翌日に大落車を起こす。この後は痛みと苦しみを押して、パリまでたどり着くことになる。

その第17ステージは、65kmという超短距離コースに、3つの難関峠が詰め込まれていた。やはり初日のパンクでいきなり1分50秒近く失ったナイロ・キンタナが、見事な独走勝利で誇りを取り戻した。ちなみに開催委員会イチオシの新企画「F1式グリッドスタート」はグダグダだった。

そして山の合間のスプリントをアルノー・デマールが勝ち取った翌日、プリモシュ・ログリッチェが、素晴らしい下りアタックを炸裂させた。2019年ジロで5日間マリア・ローザを着用したスロベニア人は、区間勝利を手にすると共に、総合3位へと浮上する。つまりはフルームを、表彰台から押し退けた。

ただし31kmの個人タイムトライアルが、再びフルームを台上に戻した。個人TT世界チャンピオンのデュムランが、区間を制し、ジロに続いて総合2位の座を確保した。そしてデュムラン、フルームに次ぐ3番目の好タイムでフィニッシュラインを越えたトーマスが、自身にとって初めてのツール・ド・フランス総合優勝を手に入れた。創立9年目のチームスカイにとっては、3人目、6回目のフランス一周制覇だった。

シャンゼリゼは例年通り集団スプリントでにぎわい、アレクサンドル・クリストフが勝利の美酒に酔った。パリの空には英国国歌が流れ、ウェールズ国旗を肩に羽織った新マイヨ・ジョーヌの、クールなマイクドロップで第105回ツールの幕は閉じた。

photo : ©Yuzuru Sunada

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります