基本ルール

スコアについて

基本的なスコアリングシステムについて

  • 1. 全種目の試合において2ゲーム先取の3ゲームで行われる。
  • 2. 相手がフォルトする、または、シャトルが相手 コートに落ちるなど、ラリーに勝った方が得点となる。
  • 3. ラリーを重ね、21点を先取した方がそのゲームの勝者となる。
  • 4. スコアが20点オールになった場合は、その後最初に2点リードするか、先に30点をとった方が勝ちとなります。
  • 5. 一方のポイントが11点になったときに、1分以内の休憩時間が設けられます。
  • 6. ゲーム間は2分以内の休憩が設けられます。
スコアについて

フォルトについて

サービスが正しくないときや、コートの境界線の外に落ちたり、ネットの上に乗る、またはレシーバーのパートナーに撃たれたときなどはもちろんですが、他にもこんなことがフォルトになります。

  • 1. ネットを通りぬけたり、ネット下を通ったとき。
  • 2. プレーヤーの身体や、衣服にふれたとき。
  • 3. ラリー中にプレーヤーが、ネットや支持物に触れたとき。
  • 4. ラケットや体でネットの下などから相手コートを侵したり、相手を妨害したりしたとき。
フォルトについて

レットについて

よく、選手が“待った”をかけていたり、間合いを計っているのを見かけますよね。ココでは、“レット=やり直し”について少し紹介します。

  • 1. レシーバーの態勢が整う前にサーバーがサービスをしてしまった場合。レシーバーの態勢は基本的に主審が判断します。
  • 2. サービスのとき、サーバーとレシーバーの両方がフォルトしたとき。
  • 3. レットになった場合は、その前のサービス以降のプレーを無効とし、レットになる直前のサーバーがやり直します。
レットについて

シングルスについて

サービスは、0(ラブ)を含み、偶数は右から、奇数は左からサービスをし、レシーバーも同様となる。
図の緑色の領域からサービスした球が出た場合はアウトとなる。

シングルスのコートの範囲

シングルスについて

ダブルスについて

サービス側がラリーに勝った場合、同一サーバーが左右を変えてサービスをする。
レシーバーがラリーに勝った場合は、サービス権がうつり、次にサービスを行う。
得点が偶数の場合は右から、奇数の場合は左から。
図の緑色の領域からサービスした球が出た場合はアウトとなる。

ダブルスのコートの範囲

ダブルスについて

ご視聴方法

smartphone PC TV

スマホ・PC・テレビで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

テレビ・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります