1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

DTMとは

DTMロゴ1984年から1995年まで、ドイツを中心に開催され、絶大な人気を博したドイチェ・ツーレンワーゲン・マイスターシャフト(DTM)。過激な開発競争とFIAによる国際化により、最終的にシリーズは消滅の憂き目にあうが、その反省を活かし2000年に復活したのが、現在のドイツ・ツーレンワーゲン・マスターズ=新生DTMだ。

シリーズ開始当初はメルセデスベンツ、オペル、アウディが参戦していたが、オペルが撤退。2006年から2011年まではメルセデス、アウディの2社により、4ドアの車両をベースに激しい戦いが繰り広げられてきたが、2012年から2ドアクーペに車両規定を変更。これと同時にBMWがM3 DTMで参戦を開始し、ふたたび3社による戦いがスタートした。

車両は3メーカーの市販車のイメージを保ちながらも、外観上は巨大なフェンダーやリヤウイングで武装されている。その一方で、車両の核となるモノコックやリヤウイングなど、主要部品は3メーカーとも統一化され、外観上で改造できる範囲も限定。旧DTMの反省を活かし、コストを抑制する工夫が為されている。タイヤもワンメイクで、現在はハンコックが供給。ドライバーラインナップも豪華で、F1を戦ってきた有名ドライバー、F1入りを狙うドライバー、ハコのスペシャリスト等、世界中で戦った名手たちが集う。

レースはノックアウト形式の予選、そしてピットストップの義務がある中距離レースで争われる。ハコならではと言えるサイド・バイ・サイドのバトルの激しさは、旧DTM時代から変わらない。今季はさらにレースを盛り上げるべく、F1で導入されていたドラッグ・リダクション・システム(DRS)、ラップタイムが上がるもののライフが短いオプションタイヤを導入。DRSはストレートでリヤウイングが傾き空気抵抗を減らし追い抜きを促進するなど、エキサイティング度が増した。

また、サーキットを訪れる観客の多さはF1に迫るレベルで、ツーリングカーレースとしては世界屈指。パドックの雰囲気なども、非常に質感高く形作られている。毎戦数万の観客が訪れるほか、ドイツでは国営放送でテレビ中継されているほどだ。

このページの上部に戻る


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.