マチュー・ファンデルプール

ALPECIN - FENIX
オランダ

マチュー・ファンデルプールMathieu VAN DER POEL

マチュー・ファンデルプール
PROFILE
チーム
アルペシン・フェニックス
生年月日
1995年1月19日
身長/体重
184cm/75kg
国籍
オランダ
twitter
@mathieuvdpoel
Instagram
mathieuvanderpoel
  • Past results:
  • 世界選手権シクロクロス:2015年、2019〜2021年優勝
  • 2018年国内選手権ロード優勝、欧州選手権2位、アークティック・レース・オブ・ノルウェーポイント賞
  • 2019年アムステルゴールドレース優勝、ツアー・オブ・ブリテン総合優勝
  • 2020年国内選手権ロード優勝、ティレーノ〜アドリアティコ区間優勝、ビンクバンク・ツアー総合優勝、ロンド・ファン・フラーンデレン優勝
  • 2021年UAEツアー区間優勝、ストラーデ・ビアンケ優勝、ティレーノ〜アドリアティコ区間優勝

すべてを兼ね備え、すべてを奪い取らんとする才能の前に立ちはだかるのは、今や新型コロナウイルスだけなのかもしれない。今季初戦のUAEツアーで初日優勝・リーダージャージ着用も、チーム内に陽性者が出たとして2日目の朝に大会撤退。今シーズン中、再び同じような状況に見舞われる可能性は、いつだってあるのだ。


何事もなければ、昨冬シクロクロスで4度目の世界タイトルを手にしたMVDPは、夏の東京でマウンテンバイク金メダリストになっている予定だ。ただし2018年世界選で3位に入って以来、世界選には出場していないし、2019年に初めてW杯1勝を挙げた後は、むしろロード転戦に忙しくて……。それでも、この夏のツール・ド・フランス初出場を途中棄権してまでも、MTBでの五輪行きを熱望する。


シクロクロスはもはや「やりきった感」を抱き始めているそうだが、ロード界には、まだまだMVDPが穫るべきものはたくさん残っている。2019年アムステルで驚異的な追い上げ勝利を決め、昨フランドルでは史上初の「父子」優勝を達成したが、この先はサンレモで「祖父・孫」優勝が狙える。ツールで区間を勝てば「祖父・父・子」の快挙だし、ルーベとロンバルディアを勝てば三世代での5大モニュメント全制覇にもなる。もちろん今年のロード世界選@フランドルを制して、史上初の、シクロ・ロード両世界王者になってもいいだろう!

text:宮本あさか 写真:©PhotoNews