マッズ・ピーダスン

TREK - SEGAFREDO
デンマーク

マッズ・ピーダスンMads PEDERSEN

マッズ・ピーダスン
PROFILE
チーム
トレック・セガフレード
生年月日
1995年12月18日
身長/体重
179cm/70kg
国籍
デンマーク
twitter
@Mads__Pedersen
Instagram
pedersen__mads
  • Past results:
  • 世界選手権ロード:2019年優勝
  • 2016年デ・パンネ3日間新人賞、ツアー・オブ・ノルウェー山岳賞
  • 2017年国内選手権ロード優勝、ツール・デュ・ポワトゥー=シャラント総合優勝、デンマーク一周総合優勝&ポイント賞&新人賞
  • 2018年ヘラルド・サン・ツアー区間優勝、ツール・デ・フランドル2位、デンマーク一周区間優勝、ユーロメトロポール・ツール優勝
  • 2019年グランプリ・ディスベルグ優勝
  • 2020年ツール・ド・ポローニュ区間優勝、ビンクバンク・ツアー ポイント賞、ヘント〜ウェヴェルヘム優勝
  • 2021年クールネ〜ブリュッセル〜クールネ優勝

コロナ禍によるシーズン中断のせいで、世界チャンピオンジャージを堪能できる期間は、約4ヶ月短縮された。つまりアルカンシェルの呪いは、一番輝きたかったフランドルクラシックが、ほぼすべて延期になってしまったこと。ジャージを脱いだ途端に、秋開催ヘント〜ウェヴェルヘムで自身「初」のクラシックタイトルをもぎ取った!


人生初フランドルで大逃げ→追いつかれても粘って粘って2位……のせいか凄まじい耐久力の持ち主という印象が強かったが、世界王者になって以降、俊足としての存在感も多いに増した。昨ツール・ド・フランスでは初日2位、最終日シャンゼリゼ2位とピュアスプリンター並のスピードを披露。かといって「ユアンみたいな」スプリント専門家になるつもりもない。あくまでも優先順位はクラシックで、ツールさえも今のところは絶対欠かせないものではない。


つまり2021年の目標はズバリ、石畳。特に2013年ジュニア時代に制したパリ〜ルーベでも、自らには輝く能力があると強く信じる。それから秋には「2枚目」の虹色ジャージも狙う。なにしろ今年のコースは大好きなフランドルコースなのだ。改めてアルカンシェルを身にまとって、2022年春のクラシックを戦いたい。

text:宮本あさか