フィリッポ・ガンナ

INEOS GRENADIERS
イタリア

フィリッポ・ガンナFilippo GANNA

フィリッポ・ガンナ
PROFILE
チーム
イネオス グレナディアーズ
生年月日
1996年7月25日
身長/体重
193cm/76kg
国籍
イタリア
twitter
@GannaFilippo
Instagram
gannafilippo
  • Past results:
  • 世界選手権個人タイムトライアル:2020年優勝
  • ジロ・デ・イタリア:区間通算6勝
  • 2018年ブエルタ・ア・サンフアン ヤングライダー賞
  • 2019年国内選手権個人タイムトライアル優勝、ツール・ド・ラ・プロヴァンス区間優勝、ビンクバンク・ツアー区間優勝
  • 2020年国内選手権個人タイムトライアル優勝、ティレーノ〜アドリアティコ区間優勝
  • 2021年エトワール・ド・ベセージュ区間優勝、UAEツアー区間優勝

独走力に関してはすでに歴史的レベル。トラック個人追抜で過去4回世界の頂点に君臨してきた24歳は、ロードでも手のつけられないほどの無双ぶり。2020年8月21日から10月25日まで、6回の個人タイムトライアルを走り、そのすべてで優勝をさらいとってきた。


現在の野望は2021年東京五輪でトラックとロードの両種目で輝くこと。1年前……コロナ禍による五輪延期前、つまり個人TTでも世界チャンピオンに上り詰める前は、「トラック優先」と宣言していたが、今はどちらも重要な目標だ。7月28日開催の個人タイムトライアルと、8月2〜4日開催の団体追抜とで、メダルに向かって走る。


4km個人追抜ではすでに世界記録を3度更新し(4分01秒934、2020年2月記録)、五輪後は本格的にアワーレコードへの挑戦も視野に入れている。ただしストップウォッチとの戦いだけで終わる男ではない。U23時代にはパリ〜ルーベを制し、石畳適正は証明済み。昨秋初めてのグランツール参戦となったジロでは、難関山岳ステージで逃げ切り、プロ人生初のラインレース勝利を獲得した。


果たしてこの先はカンチェッラーラのようにクラシックの帝王となるか、それともウィギンスに倣いグランツール王者となるか。ちなみに「体重70kgまで落とさなきゃ無理」と、現在体重82kgの本人はグランツール制覇はいまだ考えていない様子。

text:宮本あさか