選手の役割

選手の役割

サイクルロードレースでは、レース中は各々の選手が役割を与えられて走っています。 また選手によっては得意・不得意があり、総合的に力を持つ選手もいればコースのレイアウトによって力を発揮する選手もいます。以下の画像を例に説明します!

❶ エース チームNO.1の実力の持ち主!

それぞれのチームには、必ずエースと呼ばれる実力のある選手がいます。ただ、ひと口にエースと言っても、ステージレースではその全員が総合優勝を狙っているわけではありません。 もちろん、総合力のあるエースであれば総合優勝を狙いますが、上りの強いエースであれば山岳賞獲得を目的としますし、スプリント力のあるエースはスプリント賞を目指します。
チームによっては、総合優勝も狙える実力を備えたエースをふたりとするダブルエース体制を敷くチームもあります。
また、エースがなんらかの事情(落車や体調不良)で戦線を離脱した場合には、残った選手のなかでエースの次に力のある選手がエースとなり勝利を目指すことになります。
エースはただ強いだけでなく、このエースを勝たせるためにアシストに徹するんだと、チームのほかのメンバーが思えるような人格的な魅力も求められます。

エース チームNO.1の実力の持ち主!

❷ アシスト エースを献身的にサポート

ロードレースにおいては、エースをサポートするアシストの働きなくしては勝利はあり得ません。ツール・ド・フランスのようなグランツールでは、 各チーム9名が出場しますが、基本的にエース以外の8人は全員アシストとなります。
アシストには、いくつもの仕事があります。その最たるものは、風よけです。エースの前を走り、自らが風よけとなることでエースの体力を温存するわけです。 そのほか、レース中に集団からサポートカーまで下がり、ドリンクボトルや補給食を運ぶのも大切な仕事です。
また、エースの脚質によってどのようなアシストを揃えるかも重要な戦略のひとつです。山岳に強いエースであれば、峠でエースを牽引できる実力を持ったアシストが求められますし、エーススプリンターを勝たせるためにゴール直前まで猛スピードでエースの前を走りエースの“発射台”となれるアシストは不可欠です。

アシスト エースを献身的にサポート マイヨ・ジョーヌを着用しながら献身的にエース フルームのアシストをするゲラント・トーマス

❸ クライマー 坂のスペシャリスト

峠の坂を上るのを得意とする選手をクライマーと呼びます。コース上にいくつもの山が登場する山岳ステージで、その真価を発揮します。 彼らは平均勾配が10%、登坂距離が10km以上も続くような険しい坂を軽々と上っていきます。クライマーがアシストの場合は、 エースの前を走りペースを作って山の上まで引き上げたり、厳しい上りで先頭を走ってペースを上げ、ライバルたちの体力を消耗させる役目を果たします。
グランツールでは、上りに強いクライマー型のエースが総合優勝するケースが多くあります。山岳ステージでは、単純な実力差はもちろん、 駆け引きのうまさ、その日の選手の調子によって、数十秒から数分という大きなタイム差が生まれることがあるので、山岳ステージでの大きなアドバンテージが総合リーダージャージを引き寄せるのです。
映像を通して見ていても、山岳で繰り広げられるクライマー同士の戦いは、純粋な力と力のぶつかり合いを見ているようで白熱します。

クライマー 坂のスペシャリスト

❹ スプリンター スピード勝負は任せろ!

平坦ステージで、ゴールへ向けて殺到する集団のなかから飛び出し、自らのスプリント力を最大の武器にしてゴールへ駆け込むのがスプリンターです。彼らがレースの最終盤で発揮するパワーは凄まじく、時速70kmから80kmというスピードを叩き出します。それゆえ、彼らの体格は陸上競技で言えば短距離走の選手のようにがっしりしています。
スプリンターが得意とするのは平坦のコースであり、レースの大半はゴール前スプリントに備えて風よけ役のアシスト選手の後ろで脚を温存します。逆にアシストたちは、エーススプリンターをゴール前数百メートルのいい位置まで連れていくために、数名のチームメイトとともに一列棒状の“列車”を組んでスプリンターを引っ張っていきます。
スプリンターはステージレースでは、主にスプリント賞を狙いに行きますが、平坦ステージでは激しいゴールスプリントを繰り広げ勝利をものにします。 コースレイアウトによっては、ワンデーレースでの優勝も狙うことになります。

スプリンター スピード勝負は任せろ!
写真:全てYuzuru SUNADA

ご視聴方法

smartphone PC TV

スマホ・PC・テレビで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

テレビ・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります