大和

選手名鑑

大和

大和

やまと

  • 生年月日

    1987年11月5日

  • 出身

    鹿児島県

  • ポジション

    内野手

  • 身長/体重

    177㎝/77㎏

  • 主な経歴

    樟南高→阪神→DeNA

  • 血液型

    A型

  • 投・打

    右・右

チームに不可欠な野手最年長の守備職人

内外野で球界トップレベルの守備を誇るベテラン。昨季は故障もあり、出場数が阪神時代の2011年以来、9年ぶりに100試合に届かなかったが、15年目で本塁打は自己最高を更新し、2年ぶりに二塁も守るなど存在感を見せた。

樟南高校時代から堅守の遊撃手として知られていたが、阪神では中堅手として一軍定着を果たし、プロ9年目の2014年には自身初となるゴールデングラブ賞に輝いた。同年にはリーグトップの50犠打を記録するなど、2番打者として活躍した。

2018年にベイスターズへFA移籍後は遊撃手で固定され、2019年には自己最多の137試合に出場し、キャリアハイとなる104安打をマークした。同年は交流戦で2度のサヨナラ安打を記録するなど、打撃面でも勝負強さを発揮した。

昨季は阪神とのシーズン最終戦で引退の決まった藤川球児と対戦して本塁打を放った。プロ入り以来、阪神でともに戦った憧れの先輩からの一発に「奇跡としか言いようがない」と感慨深そうに話した。

チーム野手最年長となった今季は、ルーキーの牧秀悟やFA補償選手として移籍の田中俊太など、内野争いが激しくなっている。それでも内・外野どちらもゴールデングラブ賞級の守備に、打撃面でも進化を見せるベテラン抜きでは、チームの上位進出はあり得ない。

TEXT by 大久保泰伸

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください