楠本 泰史

選手名鑑

楠本 泰史

楠本 泰史

くすもと・たいし

  • 生年月日

    1995年7月7日

  • 出身

    大阪府

  • ポジション

    外野手

  • 身長/体重

    180㎝/82㎏

  • 主な経歴

    花咲徳栄高→東北福祉大→DeNA

  • 血液型

    A型

  • 投・打

    右・左

二軍では敵なしの強打の外野手。今季は一軍でのブレイクに期待

巧みなバットコントロールで非凡な打撃センスに定評がある外野手。昨季は一軍で打率1割台と結果を残せなかったが、イースタンリーグでは30試合で打率.365、6本塁打、24打点と別格の働きを見せた。

大阪出身だが、小学6年時に横浜市に転居して同級生の松井裕樹(現楽天)と同じチームでプレーし、シニア時代には日本一に輝いた。高校は埼玉県の花咲徳栄高に進学し、チームメイトの若月健矢とともに3年春の甲子園に出場。宮城の東北福祉大ではリーグ通算99安打で数々のタイトルを獲得し、日米大学野球などで大学日本代表に選ばれ、4番打者を任された。

ドラフトでは支配下指名全82選手のうち、81番目の8位指名で入団。1年目からオープン戦で2本塁打を放つなど活躍して開幕一軍入りを果たしたが、目立った成績は残せなかった。

2年目もオープン戦で12球団トップの打率.388をマークして初の開幕スタメンを勝ち取ったが、結果を残せず前年より出場数が減った。それでも交流戦では代打逆転満塁弾でプロ初本塁打を記録するなど、派手な活躍も見せた。

ファームでは昨季OPS1.118と、長打力に加えて選球眼の良さから出塁率も高い。一軍での起用は代打が中心になりそうだが、結果を残して定位置争いに参戦する。

TEXT by 大久保泰伸

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください