入江 大生

入江 大生

22

入江 大生

いりえ たいせい

  • ポジション

    投手

  • 生年月日

    1998年8月26日

  • 出身

    栃木県

  • 身長/体重

    187cm/92kg

  • 主な経歴

    作新学院高校→明治大学

  • 血液型

    O型

  • 投打

    右投右打

  • 推定年俸

    1600万円

  • 2021年成績

    登板
    4
    投球回
    18回1/3
    勝敗
    0勝4敗
    ホールド/セーブ
    0/0
    奪三振
    14
    防御率
    7.85

未勝利に終わった1年目からリベンジを誓う将来のエース候補

187cmの上背から投げ込む角度のある最速153キロの速球に、スライダー、カットボール、フォークなど多彩な変化球で勝負する右腕。ルーキーイヤーの昨季は開幕一軍入りを果たしたが、夏場に右ひじ手術で離脱して未勝利に終わった。

作新学院高校時代は今井達也(埼玉西武)の控え投手で、3年夏の甲子園では4番・一塁手として史上7人目となる3試合連続本塁打を放つなど、打率.368をマークしてチームの54年ぶりとなる全国制覇に貢献した。

準々決勝の木更津総合高校戦では早川隆久(東北楽天)から本塁打を放ち、日本代表として出場したU-18アジア選手権でも本塁打を放つなど、打者として活躍した。

明治大学では1年春のリーグ戦からリリーフとしてベンチ入り。1学年上には森下暢仁(広島)や伊勢大夢(横浜DeNA)がいたチームで3年秋には150キロを計時するなど着実に力を付け、4年時には同大のエース番号である背番号「11」を着けた。

将来の先発の柱に期待される本格派右腕は、1年目から開幕ローテ入りを果たしたが、4連敗で二軍に降格。8月には右ひじのクリーニング手術を行った。ケガも完治した今季はキャンプ2日間からブルペン入りするなど順調で、1年目の苦しい経験を生かし、まずはプロ初勝利を目指す。

TEXT by 大久保泰伸
※データは2022年2月28日時点
協力:ベースボール・タイムズ

一覧ページへ戻る

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください