東妻 純平

選手名鑑

東妻 純平

東妻 純平

あづま・じゅんぺい

  • 生年月日

    2001年7月3日

  • 出身

    和歌山県

  • ポジション

    捕手

  • 身長/体重

    172㎝/81㎏

  • 主な経歴

    智辯和歌山高→DeNA

  • 血液型

    AB型

  • 投・打

    右・右

総合力の高さで勝負する元プロの指導を受けた将来の正捕手候補

正確なスローイングにリードも含めた守備面に定評のある捕手。ルーキーイヤーはファームでチームの捕手では2位となる32試合に出場したが、打率.070とプロの壁に当たった。

ロッテの投手である東妻勇輔は実兄で、兄と同じ智弁和歌山高では当初は内野手だったが、1年時に高嶋仁前監督の勧めで捕手に転向した。1年夏からベンチ入りを果たし、甲子園には5季連続で出場。2年春には正捕手として準優勝メンバーになった。阪神、楽天で捕手として活躍した中谷仁監督の指導を受け、捕球技術からリード面まで、プロレベルの指導を受けた。

高校通算34本塁打の打撃に、遠投125メートルの強肩を生かした二塁送球タイムは1秒84と標準以上で、プロでは1年目からファームで実戦経験を積みながらフィジカル面の強化にも力を入れた。イースタンリーグではロッテ戦で兄との直接対決も実現したが、見逃し三振で軍配は兄に上がった。

ファームでは山本祐大や益子京右など、同世代のライバルがいるが、捕手としての総合力では一歩リードしている感もある。フェニックスリーグでは本塁打を放つなどアピールした将来の正捕手候補は、まずは一軍昇格を果たして定位置を確保し、今度は交流戦で兄と対戦することが目標だ。

TEXT by 大久保泰伸

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください