1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. メジャーリーグベースボール
  3. サッカー
  4. ラグビー
  5. サイクルロードレース
  6. モータースポーツ
  7. 柔道・格闘技
  8. バスケットボール
  9. スキー
  10. フィギュアスケート
  11. 卓球・バドミントン
  12. 日本代表 世界、頂!
  13. ニュース・ドキュメンタリーetc.

J SPORTS ラグビー番組イメージ

J SPORTS ラグビー番組紹介

2月に開幕したスーパーラグビーもいよいよ大詰め!

15チームが激しい戦いを繰り広げてきたシーズンも、第19節でレギュラーシーズンが終了。上位6チームによるプレーオフが7月18日から始まる!

今シーズン躍進を遂げたシャークスやワラタス、プレーオフ常連のクルセイダーズ、田中史朗が所属するハイランダーズなど、上位勢は大混戦。2連覇中のチーフスもプレーオフ当落線上にいるなど、最終節まで熾烈な順位争いが続く!

8月に開幕するトップリーグのチームに所属する選手たちの活躍からも目が離せない!

お知らせ

ラグビーワールドカップ2015 イングランド大会を全48試合生中継!

大会期間
2015年9月18日(金)〜2015年10月31日(土)

予選リーグ 組み合わせ

プールA

オーストラリア
イングランド
ウェールズ
オセアニア予選勝者
世界最終予選勝者

プールB

南アフリカ
サモア
スコットランド
日本
アメリカ

プールC

ニュージーランド
アルゼンチン
トンガ
グルジア
アフリカ予選勝者

プールD

フランス
アイルランド
イタリア
カナダ
ルーマニア

日本代表 予選リーグ試合日程

◆ 9/19(土)24:45〜
vs. 南アフリカ 〜ファルマースタジアム〜
◆ 9/23(水)22:30〜
vs. スコットランド 〜キングスホルムスタジアム〜
◆ 10/3(土)22:30〜
vs. サモア 〜スタジアムMK〜
◆ 10/11(日)28:00〜
vs. アメリカ 〜キングスホルムスタジアム〜

»プレスリリースを見る

世界で戦う野武士日記 田中史朗編

世界で戦う野武士日記 田中史朗編

2014年7月17日更新田中史朗編 プレーオフ進出にウハウハなジャック

こんにちは。プレーオフが決まってウハウハのジャックです。
今回はアウェイでクルセーダーズとの対戦でした。前回は最後の最後まで分からない試合でしたが、今回は力の差を見せつけられた……続きを読む

世界で戦う野武士日記 堀江翔太編

世界で戦う野武士日記 堀江翔太編

2014年7月9日更新堀江翔太編 スーパーラグビーこの1年、そして次の1年!

どうもこんにちは!
今日はさっそく、この前の試合。
みんな気合い入れて試合に臨んだんですが、負けてしまいました。……続きを読む

ラガーマンの経営・仕事術 〜ラグビーが教えてくれたこと〜

(株)カッシーナ・イクスシー 代表取締役社長 森 康洋

ラガーマンの経営・仕事術、12人目は株式会社カッシーナ・イクスシーの代表取締役社長 森 康洋さんです。状況判断をしながら、自分で考えていく力。ビジネスで必ず活きるラグビーの経験とは?
»FILE.12 (株)カッシーナ・イクスシー 代表取締役社長 森 康洋 前編を読む

このページの上部に戻る

特集:国立競技場を彩った男たち

国立競技場を彩った男たち

第1話:春口廣×清宮克幸

2001年から5年連続で大学選手権決勝の舞台で激突した2人。
当時の思い出と共に、大学ラグビーにとって国立という舞台の重要性を語る。

第2話:吉田義人×堀越正己

ともに本物のインターナショナルとして、世界を相手に戦った本物の戦士である。
1980年代後半から1990年代前半のラグビー人気を支えた堀越正己、吉田義人。ふたりは、早稲田大学、明治大学に在籍時代、早明戦、大学選手権で何度も国立競技場で火花を散らした。興奮のまっただ中で光を放ったスターだった。
4年間、毎年毎年、大舞台で顔を合わせたふたりは、毎度毎度名勝負を展開した。1年時に笑ったのは早大・堀越。ラストイヤーには明大・吉田が笑う。そして、ふたりの間、両校の間には、いつも想像を超えるドラマがあった。 ふたりは口を揃える。
「あの大観衆、あの舞台が、積み上げてきたことも潜在能力も、ときには実力以上のものまで引き出してくれるんです」
アカクロのダイナモは160cmにとどかない体躯ながら、いつも早稲田の生命線であるテンポを作り続けた。紫紺のスピードスターは、170cm手前のサイズとは思えぬ大胆な気持ちとプレーで何度もトライラインを越えた。いつも物語の中心にいたふたりの青春時代は、日本ラグビーにとっても、もっとも 汗と涙の似合った時代だった。

第3話:松尾雄治×平尾誠二

新日鐵釜石で日本選手権7連覇を果たした松尾雄治、
神戸製鋼で日本選手権7連覇、同志社大学で大学選手権3連覇を果たした平尾誠二。
まさに国立が似合う2人が、国立の思い出を語る。

コラム

「ラグビーレポート」 by 斉藤健仁

なぜ強くなった?関東強豪校ラグビー部の改革に迫る!

» もっと見る

「be rugby 〜ラグビーであれ〜」

藤島大がオリジナルな筆致で綴るラグビーの物語

» もっと見る

「ラグビーレポート」 by 直江光信

ライター直江光信が主による国内ラグビーのみどころや試合レポートなど

» もっと見る

「村上晃一ラグビーコラム」

ラグビージャーナリスト村上晃一が世界のラグビーを語る

» もっと見る

このページの上部に戻る

J SPORTS ラグビーブログで最新情報をチェック

「世界ラグビーナビ」

世界中のラグビーの話題をお届けするブログ

sportsnavi

» もっと見る(外部サイト)

「ラグビー愛好日記」

ラグビージャーナリスト村上晃一のブログ

» もっと見る(外部サイト)

このページの上部に戻る

2013 シーズンテーマ曲

田中美里

J SPORTSラグビー中継 2013 エンディングテーマソング

田中美里(たなかみり)さんがカヴァーする松任谷由実さんの名曲『ノーサイド』が、J SPORTSの2013ラグビー中継エンディングテーマソングに決定しました。

父がラグビー選手だったことから大のラグビーファンという田中美里さんが、あの名曲をどのように歌い上げたのか、ぜひJ SPORTSのラグビー中継でチェックしてみてください!

田中美里さんコメント

「ラグビーの選手だった父の影響で、小さい頃から私の遊び場はいつもグラウンドの芝生の上でした!選手がぶつかり合う時の音を聞いてハラハラドキドキしたのを今でも覚えてます(すごい音がするんですよ!)。ラグビーは、仲間・根性・努力・エンタテインメントなど、今の私にとって大事なモノを沢山教えてくれました。今回は、私なりに『ノーサイド』と言う楽曲を精いっぱい歌うことで、少しでも日本のラグビーシーンに御恩返しが出来ればと思ってます!」

田中美里公式サイト

このページの上部に戻る

今週のラグビー放送予定

番組変更のアイコンについて

  • 生放送生放送でお届けする番組です
  • 初回放送初回放送となる番組です
  • 同日録画同日録画でお届けします
  • 無料放送スカパー!で無料視聴いただけます
  • 音声多重放送音声多重放送でお届けします
  • 休止の可能性あり番組放送の都合上休止となる可能性があります

このページの上部に戻る

このページの上部に戻る


今すぐJ SPORTSを16日間無料お試し体験!
J SPORTS Web会員

ピックアップ動画

世界、頂!ニッポン代表応援TV 女子ラグビー 竹内亜弥選手

「世界、頂!(イタダキ)」をキャッチフレーズに、世界の舞台に果敢に挑み、戦っている日本人選手の活躍をお届けします。

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS online shop おすすめアイテム

J SPORTS online shop おすすめアイテム

好評発売中!!

カンタベリー2014 春夏新作アパレル

» 詳細はこちらへ

おすすめラグビーアイテム一覧

twitter
twitter



本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2013 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.