1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


August 17, 2018 9:58 PM /

パナソニック福岡堅樹、フォース相手に「パワートライ」

8月17日の夜、JSPORTSで、「ワールドシリーズラグビー」のウエスタンフォース対パナソニックワイルドナイツのLIVE放送を見た。ワールドシリーズラグビーとは、スーパーラグビーから離脱したオーストラリアのクラブ「ウエスタンフォース」が、各国から招待した7チームと対戦する新設の国際大会。パナソニックは、内田、バーンズのHB団に、松田、笹倉の両CTB、福岡、山田の両WTB、FB森谷、FWも稲垣、堀江、平野、谷田部、ヒーナン、ガンター、布巻、コーネルセンという開幕スタメンか?というような先発メンバー。点の取り合いになり、最終スコアは45-50。5点差でパナソニックが敗れた。ベリック・バーンズの負傷退場が気になるところ。

前半18分、キックパスに走り込んだ福岡堅樹がスーパーキャッチでトライをあげたのだが、「パワートライ」という特別ルールで7点が入った。ゴールも決まって計9点である(通常はトライ5点、ゴール2点)。この大会は、いくつかの特別ルールが試験的に行われていて、自陣の22mライン内から継続した攻撃でトライすると、7点が入る。途中でキックしてもかまわない。相手にボールが渡らなければOKである。解説の小林深緑郎さんが、世界の他リーグでも試験的に採用されていると話していたが、時代の変化に合わせ、選手の能力に応じていろんなルールを試し、検証、採用していくのはラグビー文化の一つでもある。

ワールドシリーズラグビーでは、スクラムは1分以内、交代12人なども採用されている。パワートライは面白い。パワートライになるプレーが始まると、ゴールポストのところに緑のランプがともるのも観客には分かりやすい。リーグの魅力を出すため、もっともっとボールを継続するためのスキルを磨き、インプレーの時間を長くし、レベルアップしていこうということなのだろう。

オーストラリアは、スーパーラグビーでも観客が少なく、オーストラリアン・ルールズ(オージーボール)、ラグビーリーグ(13人制ラグビー)、サッカーなど人気に押され気味。これら他のフットボールとの競争のなかで、試合中も随時選手のインタビューを入れるなど、エンターテインメント性を高めることに工夫を凝らすようになっている。ここはオーストラリアならでは事情という気もするし、そのまま真似をするのは違うと思うが、観客を喜ばせるために知恵を絞っている姿勢については日本ラグビーも学ぶべきだ。観客は約1万4000人。5月4日の開幕戦(フィジーウォリアーズ戦)での1万9466人から、パナソニックとの7試合目で計10万人を超えた。今後も、ウエスタンフォースの動向は注目していきたい。

明日(8月18日)は、ザ・ラグビーチャンピオンシップが始まる。まずは、ニュージーランド代表オールブラックス対オーストラリア代表ワラビーズ、南アフリカ代表スプリングボクス対アルゼンチン代表プーマスである。試合の見どころなどについて、JSPORTSのコラムに書いているので、お時間あるときにご一読を。

https://www.jsports.co.jp/press/article/N2018081711022303.html

また、8月19日、午後2時からJsports4では、「釜石鵜住居復興スタジアム オープニングDAY メモリアルマッチ」が無料放送される。ラグビーワールドカップの試合会場であり、東日本大震災からの復興の象徴でもある「釜石鵜住居復興スタジアム」のこけら落としだ。ラグビーの町・釜石の象徴でもあり、日本選手権7連覇の偉業を達成した新日鉄釜石ラグビー部を起源に持つ釜石シーウェイブスが、トップリーグのヤマハ発動機ジュビロを迎え撃つ。

トップリーグ開幕前から、ラグビーファンの皆さんは大忙し。嬉しい悲鳴!ですね。

追記◎ヤマハ発動機ジュビロの今季加入の注目外国人選手である、クワッガ・スミス選手がチームに合流。釜石にも帯同するようだ。

20180817.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.