1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


July 23, 2018 12:14 PM /

北海道、横浜、そしてノーサイドクラブ7周年へ

金曜日から日曜日にかけては、ラグビーワールドカップ・セブンズ2018の動向を映像で確認しつつ、ラグビーイベントで長距離移動。金曜日に関西空港から千歳空港へ。7月21日(土)は、北海道新聞社主催の「スポーツ!北海道フォーラム ラグビーワールドカップ2019に向けて」のパネルディスカッションの司会を務めた。会場の道新ホールには、500名を超えるお客さんが来てくださった。

基調講演は清宮克幸さん。「チームマネージメントの極意」。最近はあまり語っていないという早稲田大学の監督時代のエピソードを披露。2年目で優勝できたのは、早稲田の先人たちが築いた「早稲田ラグビー道」で、ずっと熱を持って練習を続けてきたからだと語った。この「熱」、「独自性」、「言葉」をキーワードに極意を解説していた。イラクで亡くなった奥大使の話も出てきて感銘を受けた。ラグビーワールドカップの日本開催の言い出しっぺは、奥さんだったのだという話もあった。

20180722-1.jpg

パネルディスカッションは、清宮さんほか2人のパネリストで行われた。前明治大学ラグビー部監督で、現在は札幌の清水建設に勤務する丹羽政彦さん。北海道ラグビー協会でラグビーワールドカップ準備委員長も務めている。そして、大阪国際大学准教授の谷口真由美さん。国際人権法が専門の谷口さんの話は勉強になったし、ラグビーの持つ力を再認識させられた。ラグビーはどんな人にも、このスポーツを楽しむ機会を与える。フェアとはそういうことではないか。そんな話からラグビースピリット、ラグビー憲章などなど。こういう発信を続けていく責任を感じる時間でもあった。

来年のラグビーワールドカップ、札幌ドームでは、9月21日にオーストラリア対フィジー、22日にイングランド対トンガという好カードがある。札幌のみなさんもラグビーを思い切り楽しんでほしい。

20180722-2.jpg

札幌から東京に飛び、22日(日)の朝は横浜で行われた「神奈川不惑クラブ 安全・ルール伝達講習会」へ。高校生(
横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校)から90歳超のラグビーマンが揃って、安全に関する講習会やレフリーによるルール説明が行われていた。皆さん現役のラグビー選手であることに驚く。身も心も若い、若い。最後の特別講演で、最近の日本ラグビーの動向や、ラグビー憲章になどについて話をさせていただいた。ワールドラグビーの「ラグビー憲章」というのは、プロが解禁になった1995年以降に作られたものなので、不惑の皆さんが若い時にはなかったものだ。そういう意味では、その内容について触れたのは新鮮だったかもしれない。楽しい時間だった。

2018072203.jpg

そして、夜は高田馬場のノーサイドクラブに移動し、7周年イベントで一日店長を務めた。ノーサイドクラブは、2011年7月22日にオープンした。ニュージーランドで第7回ラグビーワールドカップが行われる直前のことだ。その夏、竹内マスターと出会ったことで、僕とノーサイドクラブの縁が始まった。ワールドカップが終わると、大野均選手を招いて第1回のトークライブを開催。以降、様々なイベントが行われるようになり、ラグビーファンなら誰もが知る有名ラグビーダイナーとなっていった。いまではトップリーガーも多数訪れ、この7月は日替わりで選手たちが一日店長を務めている。昨夜は、村田匠さんのライブもあり、サプライズでボディービルダー糸井さんの演舞も。

20180722-5.jpg

7年も続いてきたのは、ずっと店を支えてきた竹内マスターと容子さんの温かい人柄があってこそ。ラグビー愛好者が集える場所高田馬場にある、そこに行けばマスターと容子さんがいる。ファンや選手が帰る場所になっているのがいい。僕にとっても心穏やかに過ごせるホームだ。来年はきっと世界中のラグビーファンが集うだろう。楽しみ、楽しみ。

北海道、横浜、東京を走り回ってラグビーを語り、たくさんの人と知り合い、新しい知識を身に着けることもできた。美味しいものも食べた。来年のラグビーワールドカップに向かって、もっともっとラグビーを多くの人に伝えたいと思いを新たにする旅だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.