1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ラグビー愛好日記


January 20, 2018 8:08 PM /

トップリーグ2017-08入替戦結果

1月20日は、大阪のヤンマースタジアム長居に行っていた。トップリーグとトップチャレンジリーグの入替戦(NTTドコモレッドハリケーンズ対日野自動車レッドドルフィンズ)をJSPORTSで解説した。僅差勝負が予想されていたのだが、誰もが想像した以上の激闘だった。NTTドコモは、マイボールのキックオフをWTBジョセファ・リリダムがキャッチして大幅ゲインし、チャンスをつかみ、その後の連続攻撃につなげたが、ここは日野自動車が粘って守り切る。序盤は互いにエリアを意識してキックの応酬が多く、チャンスをつかみながら、得点できないシーンが続いた。

前半23分、日野自動車がSO染山茂範のPGで先制し、29分には、FBギリース・カカのキックパスを右タッチライン際でキャッチしたWTB小澤和人が、ディフェンスに上がってきたNTTドコモSOリアン・フィルヨーンの背後にキックを転がし、内側に跳ねてきたボールを拾って右コーナーにトライ。難しいゴールを染山が決めて10-0とリードする。35分、NTTドコモのCTBパエアミフィポセチにトライを返されたが、38分、日野自動車SO染山が左タッチライン際にキックパス。これをトップスピードでキャッチしたWTB篠田正悟が左コーナーに飛び込み、染山が再び難しいゴールを決めて、17-5とリードを広げた。両サイドへのキックパスは、「粘ってボールを動かしていれば、外が空いてくるという分析をしていました」(日野自動車・細谷直監督)と狙い通りのものだった。

NTTドコモはフィルヨーンやリリダムが抜け出してチャンスを作るのだが、サポートが遅れたり、ハンドリングエラーがあったりでトライに結びつかない。後半に入ると、NTTドコモがボールをキープして連続をしかけ、18分、CTB金勇輝がトライして、17-12とし、さらに27分、交代出場のSO佐藤善仁が左中間に飛び込んで、17-17の同点に追いつく。同点で終われば、トップリーグ側が残留である。日野自動車は足が攣っている選手も出てきて、疲労困憊に見えた。しかし、33分、NTTドコモが自陣から蹴った短いキックでチャンスを作り、ここでペナルティーを得て、染山がPGを決めて、20-17とした。以降は、NTTドコモの怒涛の攻撃を守り続け、最後は約6分の攻撃を止め、歓喜のノーサイドとなった。NTTドコモもよく攻めたが、最後もノックオンで終わり、ハンドリングエラーが連続した試合を象徴する終わり方となった。

佐々木隆道(元サントリー)、村田毅(元NEC)ら移籍組と、生え抜きの選手が心を一つにしての勝利だった。ノーサイドの笛が鳴ると、飛び上がり、抱き合い、トップリーグ初昇格の喜びを爆発させた。トップチャレンジリーグのセカンドステージで、HondaHEATに、10-55で完敗した後、チーム一丸となってディフェンスを修正し、3週間の準備で見違えるようなチームを作り上げた。就任4年目で快挙を成し遂げた細谷監督は「最後10分のディフェンスは腕を組んでみていました。これがラグビーだと思って。選手にはおめでとう、そして、ありがとうと言いたいです」と目を細めた。ただし、「きょうは勝てましたが、このままではトップリーグでは戦えません。すぐにでも来季への準備を始めたい」と気を引き締めていた。

敗れたNTTドコモのダヴィー・セロンヘッドコーチは、「トップリーグのチーム相手に7勝しているのだから、失敗を恐れずプレーしようと話したのですが、失敗を恐れているようなところがありました」とアグレッシブにボールを動かせなかった戦いぶりを悔やんだ。シーズン前半戦は3連勝を含む4勝5敗も、後半戦は負傷者が多く出たこともあり失速、順位決定戦でコカ・コーラレッドスパークスに敗れたのは痛恨だった。その後、近鉄ライナーズとの死闘を潜り抜けたが、心身ともに疲れていたのは確かだろう。セロンヘッドコーチは、今季限りでチームを去ることが決まっていた。「腰が悪いのでまずは手術をして養生し、いつくかオファーがあるのでよく考えます。日本は去ることになります。皆さん、ありがとう」。そう言うと笑顔で会見場を後にした。

複雑そうな表情を浮かべていたのが、日野自動車のFWコーチである箕内拓郎さんだ。昨季はNTTドコモのコーチとして昇格を果たしている。つまり、2年連続でチームを昇格させたが、結果的に古巣ドコモを降格させることになってしまった。「シーズン中の戦績を見ていて、ドコモが入替戦に来ることはないと思っていました。それが終盤になると、来るかもしれないな、と」。切ない表情で言葉を飲み込んだ。

日野自動車の奮闘、努力は称えられなければいけない。自動降格、入替戦があるからこそ、リーグ戦の緊張感は高まるし、感動も生まれることは分かっている。それでも、やりきれない思いがある。特に今季はシーズン短縮のために変則的なリーグになり、総当たりではなかった。2019年のラグビーワールドカップが終わるまでは短縮日程は続く。毎年変更するのではなく、安定的なレギュレーションで運営できるよう知恵を絞ってもらいたい。

北九州で行われた2試合では、トップリーグのチームが残留を決めた。

■入替戦結果
◇福岡・ミクニワールドスタジアム北九州
コカ・コーラレッドスパークス△27-27△三菱重工相模原ダイナボアーズ
宗像サニックスブルース◯40-21●九州電力キューデンヴォルテクス
◇大阪・ヤンマースタジアム長居
NTTドコモレッドハリケーンズ●17-20◯日野自動車レッドドルフィンズ
※同点の場合には、トライ数、ゴール数にかかわらずジャパンラグビー トップリーグ所属チームが残留となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.