1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


September 8, 2018 10:21 PM /

クボタ、2試合連続の惜敗。トップリーグ土曜の結果

9月8日の土曜日は、秩父宮ラグビー場だった。JSPORTSでクボタスピアーズ対ヤマハ発動機ジュビロを解説した。昨季までの力関係からしてヤマハ優位と見るのが妥当だが、この日のクボタは立ち上がりからヤマハにプレッシャーをかけ、FB合谷和弘のPGで先制し、23分にはラインアウトからのモールを押し込んでHO杉本博昭がトライをあげ、8-0とリード。合谷がもう一本のPGを追加したあとの37分には、再びモールを押し込んでFL末永健雄がトライし、18-3とした。

ヤマハの清宮克幸監督は、「モールのディフェンスがヤマハの強みだったのですが、新しいメンバーが入ったこともあって、それが崩れてしまった」と試合後にコメント。早い段階での修正を目指す。

後半に入ると、ヤマハが反撃を開始。まずはSO吉沢文洋がトライし、18-10に迫る。後半10分過ぎからは、PR仲谷昇、山村亮らを次々に投入して勢いを引き出し、22分、FLヘル ウヴェがトライして18-17とすると、32分、FB五郎丸歩が40m以上のロングPGを決めて逆転。36分にはクボタがPGチャンスを得て、前ヤマハのゲラード・ファンデンヒーファーがPGを狙ったが、ポストに当てて外し、そのままスコアが動かずノーサイドとなった。

クボタとしては前半大活躍だったNO8ドゥエン・フェルミューレンが肉離れで退場したのが痛かった。何度もチャンスを作りながらハンドリングエラーでトライができないなど、もったいないシーンも多かった。LOキム・ホボムはラインアウトでヤマハにプレッシャーをかけ、何度もスチール。クボタの良いプレーがたくさんあり、ヤマハは我慢の勝利といったところ。

ヤマハの清宮監督は「クボタとはいつも競った展開になる。それを後半の最後に突き放すことが多いが、後半10分まではスコアも開かない。そんなイメージなので点数は想定内でした。想定外だったのはセットプレー。強みを発揮できませんでした」と語った。ハーフタイムの指示を問われると、「良くないことばかりだったから、それは言わず、これだけはやってほしいということを言いました。たとえば、ラインアウトはジャンプしよう!」とジョーク交じりに答えた。「こういう試合をすると、試合に出ていないメンバーの俺を出せ!というエネルギーが出てくる」と、チーム全体の活性化を期待していた。

敗れたクボタのフラン・ルディケヘッドコーチは、「今週はいい準備ができたが、それが反映はされたのは前半でした。後半はプレッシャーをかけられず、ペナルティーを犯してしまいました」と淡々と語った。立川理道キャプテンは「相手の強みである、スクラム、モールには対処できたのですが、ラインオフサイドとか、ラックでの不要な反則など、規律のところで崩れました」と話していた。

第2試合は、NECグリーンロケッツとトヨタ自動車ヴェルブリッツの対戦でNECが健闘、トヨタの猛攻を好タックルで止め続けた。しかし、決定力に勝るトヨタがFBジオ・アプロンの突破からWTBヘンリー・ジェイミーがトライするなど次第に点差を広げた。最終スコアは、29-5。他会場の結果は以下の通り。

■トップリーグ第2節土曜の結果
◇東京・秩父宮ラグビー場
クボタスピアーズ●18-20◯ヤマハ発動機ジュビロ
NECグリーンロケッツ●5-29◯トヨタ自動車ヴェルブリッツ
◇佐賀・佐賀県総合運動場陸上競技場
コカ・コーラレッドスパークス●17-62◯パナソニック ワイルドナイツ
◇愛知・ウェーブスタジアム刈谷
豊田自動織機シャトルズ◯15-14●日野レッドドルフィンズ
◇三重・三重交通G スポーツの杜 鈴鹿サッカー・ラグビー場
Honda HEAT△19-19△キヤノンイーグルス 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.