今年からチーフスでプレーする、東海大学の日本代表WTB(ウィング)アタアタ・モエアキオラがスーパーラグビーで初先発する。

先週開幕したスーパーラグビーは第2節を迎える。2月23日(土)はオーストラリアを代表するチームの1つブランビーズと、ニュージーランドの強豪チーフスがキャンベラで激突する。

ブランビーズは過去に2度の優勝経験がある名門だが、昨年はオーストラリアカンファレンスで3位、全体で10位となり、2012年以来7シーズンぶりにプレーオフに進出できなかった。

それだけにオーストラリア代表を数多く擁するブランビーズは、今年は何としてもプレーオフに返り咲きを狙う。

先週の開幕戦はホームで同じオーストラリアのレベルズと対戦し、HO(フッカー)フォラウ・ファアインガのトライで先制するも、後半に入るとレベルズにリードされ、終了間際のLO(ロック)サム・カーターのトライで追い上げるも、結局27-34で敗戦してしまった。

今週もホームでの試合だけに、初勝利を挙げたいブランビーズのメンバーを見ていこう。先週のレベルズ戦からは3名を変更した。

FW(フォワード)はFL(フランカー)デービッド・ポーコックがケガのため、トム・キューザックが先発。LOサム・カーター、レベルズから新加入のPR(プロップ)ジェームズ・スリッパーとワラビーズがずらりと名を連ねる。

BK(バックス)はWTB(ウィング)トニ・プルが負傷で、替わりにチャンス・ペニ、ヘンリー・スパイトに替わってアンディ・ミュールヘッドが先発する。

他には昨シーズンはトップリーグの豊田自動織機でもプレーしたキャプテンのSO(スタンドオフ)クリスチャン・リアリーファノを中心に、SH(スクラムハーフ)ジョー・パウエル、CTB(センター)テヴィタ・クリンドラニら経験ある選手が揃う。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ