1月3日(木)、大阪・東大阪市花園ラグビー場では「花園」こと、全国高校ラグビー大会の準々決勝の4試合が行われた。

関西勢の4校が登場したこともあり、2試合目には約2万人と大勢の観客が集った。

4試合とも実力伯仲の好ゲームとなったが、東福岡、大阪桐蔭、桐蔭学園のAシード3校が勝利し、さらに流通経済大柏が逆転勝利し、千葉県勢としては初のベスト4に進出した。

第1試合は九州勢対決

準決勝1試合目は、Aシードの東福岡とBシードの長崎北陽台の九州勢同士の対決だった。

試合開始早々の前半2分、7分、東福岡は持ち前のグラウンドを広く使ったラグビーで、FB(フルバック)古里樹希(3年)、WTB(ウィング)志氣陸王(2年)がトライを挙げて、14-0でリードする。

だが、長崎北陽台も主将のNO8(ナンバーエイト)山添圭祐を中心に粘り強い守りを見せて追加点を許さない。さらに後半、FW(フォワード)戦で上回り、山添主将がトライを挙げて14-7と追い上げを見せる。

だが、そこから王座奪還を目指す東福岡は本領を発揮。モールやキックも巧みに使いつつボールを展開し、WTB志氣がハットトリックを見せる活躍もあって、4トライを重ねて40-12で勝利した。

大阪桐蔭PR江良の突進

2試合目は近畿大会の決勝の再戦となり、Aシードの大阪桐蔭にBシードの報徳学園がチャレンジした。

6分、大阪桐蔭のFL(フランカー)奥井章仁(2年)がフリーキックから持ち出しトライ。そこからFWの圧力で上回る大阪桐蔭ペースとなり、さらに3トライを重ねた。

29分、報徳学園はやっとFL小山健太(6年)が1トライを返して、26-7で前半を折り返した。

後半もやはり、大阪桐蔭ペースは変わらず、2分、11分と連続攻撃からPR(プロップ)江良颯(2年)が飛び込み、38-7と大きくリードを広げた。

ロスタイム、報徳学園もFB山田響(2年)らの意地の2トライを挙げたが、試合は大阪桐蔭が38-17で快勝した。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ