勝利し、喜ぶサントリーの選手たち

静寂が闇夜を包む。

延長5分、楕円球は放物線を描いてゴールポストの上をゆっくり通過する。ゴールドのジャージーを着た選手は歓喜に沸き、サックスブルーのジャージーの選手たちは膝を地面につけた。

12月8日(土)、東京・秩父宮ラグビー場でトップリーグの総合順位決定トーナメント(日本選手権を兼ねる)の準決勝、3連覇を狙うサントリーサンゴリアスと初優勝を目指すヤマハ発動機ジュビロが激突した。

FW(フォワード)のセットプレーに強みがあり、BK(バックス)に突破力のある3人の外国人選手を並べたヤマハ発動機。これに対して、サントリーのこの試合のテーマは、「フィジカルバトルに負けない」だった。

先制したのはサントリー。2分、自陣から展開してルーキーのWTB(ウィング)尾崎晟也が左ライン際を快走し、最後はステップで魅せてトライを挙げて7-0。

モールで押し込みトライを挙げるヤマハ

だが、ヤマハ発動機も負けていない。13分に得意のモールからHO(フッカー)日野剛志がトライを挙げると、18分にもゴール前の近場をFWで攻めて、最後はLO(ロック)大戸裕也が飛び込んで7-12とする。

23分、サントリーのSO(スタンドオフ)マット・ギタウがPG(ペナルティゴール)を決めて10-12と2点差にするが、ヤマハ発動機はFB(フルバック)五郎丸歩がPGを沈める。

スクラムはヤマハが優勢だった

さらに37分にはFL(フランカー)クワッガ・スミスが、相手のキックをチャージし、そのままトライ、ゴールも決まって10-22と大きくリードする。

サントリーが前半ロスタイムに、PGを決めて13-22となったところでハーフタイムを迎えた。

後半、サントリーはディフェンスをしっかり修正して臨み、接点のファイトでも互角に戦い相手に得点を与えない。

そして、7分、30分、FWとBK一体となったサントリーらしいアタックからWTB尾崎がハットトリックとなるトライを重ねて、25-22とついに逆転に成功する。

3点差追うヤマハ発動機も粘り強くアタックを続けて、40分、FB五郎丸が25-25と同点になる30mほどのPGを確実に決めた後にタイムアップ。トップリーグがプレーオフ制度になってから初めての延長戦に突入した。

延長戦はトライでも、PGでも得点した方が勝つ、いわゆる「サドンデス方式」で行われた。トスで勝ったのはサントリーだった。サントリーは再び、ディフェンスで集中力を見せ続けた。

お知らせ

\全試合!/
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ