フランスvs.フィジー

10度目の挑戦で、歴史的初勝利をもぎ取った。

世界ランキング10位(11月22日時点)のフィジー代表が、11月24日、敵地フランスのスタッド・ドゥ・フランス(パリ)で、世界ランキング8位のフランス代表を21−14で撃破。フランス戦初勝利を挙げ、今秋のテストシリーズを2勝1敗とした。

快挙に大きく貢献したのは、セットプレーの安定、そして鉄壁だったディフェンスだろう。

メンバー23人中10人がフランスリーグ「TOP14」所属。4人が参戦2年目の豪州国内最高峰大会「NRC(ナショナル・ラグビー・チャンピオンシップ)」で優勝したフィジアン・ドゥルアのメンバー。

イングランドリーグ「プレミアシップ」所属選手もおり、世界を知るメンバーの身体能力、サイズは折り紙つき。ボールを持てばフランス相手にFLペセリ・ヤト、CTBセミ・ラドラドラらが、強力に前進した。

心配の種は、海外を拠点とする選手が多いことによる連係不足。しかし、フランス戦は今秋3戦目とあってか、マイボールスクラムも安定。ラインアウト・ディフェンスでもスティールを見せた。

献身的かつ現代的なフィジーFWは、確実にマイボールを供給し、連続攻撃に貢献した。一発狙いの強引なプレーをせずとも、強力ランナーを効率的に走らせれば安定的にゲインラインを獲る。

8万人収容のスタジアムは完全アウェー。日本の久保修平レフリーがアシスタントレフリーを務めた一戦で、フィジーは序盤から洗練されたムーブも披露していた。

お知らせ

\全試合!/
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ