11月17日(土)、英国遠征中のラグビー日本代表(世界ランキング11位)は、「聖地」トゥイッケナム・スタジアムで、ラグビーの発祥国であり、日本代表の前指揮官である、エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が率いるイングランド代表(同4位)と対戦した。

過去の対戦成績は日本代表の0勝8敗であるが、両者がキャップ対象にした試合は1987年のワールドカップのみであり、「聖地」で日本代表とイングランド代表がともにキャップ対象としたテストマッチは初となった。

前売り券は完売で8万1151人もの大観衆が詰めかけた試合は、前半は日本代表がパスとキックでバランスよく攻めて、WTB(ウィング)福岡堅樹、山田章仁の両翼も前に出る。

相手がシンビン(10分間の一時的退場)で数的有利の間に22分、28分とCTB(センター)中村亮土、キャプテンFL(リーチ)リーチ マイケルがトライを挙げて10-15とリードして前半を折り返した。

後半、イングランド代表もCTBオーウェン・ファレルら、普段はスターターを務める控え選手を投入し、一気呵成に出る。

すると日本代表は、相手のアタックに後手に回る時間が増え始める。後半20分ほどまではリードしていたが、初キャップとなったWTBジョー・コナカシガらに3トライを許し、15-35で敗れた。

試合後、ジェイミー・ジョセフHCは試合後、「ティア1(世界トップ10)のチームはちょっと苦戦したり、ビハインドになったりするとフィジカル、インテンシティを次のレベルに上げられる。そこに喰らいついていかなければいけない」。

「反則せず、喰らいついていくことが学びですが、イングランドの流れになったところで自分たちがペナルティをしてしまった。ハーフタイムに、エナジー与えるためにメンバー変えたが後半、判断、精度が落ちてしまった。そこが一番の学びです」と振り返った。

また2019年のラグビーワールドカップへの強化という点で、今日の試合の意味合いについて聞かれると、ジョセフHCは「毎回、世界ランクトップ4と対戦したときに、いろんな面で戦えていたことがプラスですし、選手に信念が生まれる」。

「この1週間、アマチュア対プロの戦いと言っていましたが、トゥイッケナム・スタジアムで勝つところまで持っていけたところは収穫ですが、後半、若干、相手に流れを渡して、(勝ちを)逃してしまったところが課題だと思います」と前を向いた。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ