春のセブンズ近大戦、相手にしつこく絡む高野

11月11日(日)、鶴見緑地球技場(大阪府)にて関西大学ラグビーAリーグ第5節、同志社大学vs.‌‌近畿大学が行われる。

開幕3連敗で窮地に立つ同志社は、大学選手権に出場するために4勝が最低条件だが、前節で立命館大学に勝利し望みをつなげた。

対する‌近大はすでに4連敗しており、選手権への道は断たれている。1戦も落とせない同志社の試合に他大学も注目だろう。

今季はAチームでの同志社と‌近大の対戦はないため、当日試合が開始してお互いの力を試すことになる。激しいタックルでアタックを封じてくる‌近大に対して、同志社は展開ラグビーで得点を重ねたい。

2年連続での入れ替え戦だけは避けたい‌近大。昨年は主将のSO(スタンドオフ)喜連航平が絶対的選手となってチームを回していた。

だが、喜連が卒業した今年は「一人一人がアクションを起こして自発的に取り組み、それによって責任感も出てくる」(‌近大主将・竹内嘉章)とチーム一体となって挑んでくる。

選手権への可能性はない‌近大だが、前節の京都産業大学との試合では、前半にPG(ペナルティゴール)で先制すると京産の猛攻を粘りのディフェンスでしのいだ。

その後ラインアウトからのモールで2トライを決め、7点リードで後半に折り返している。しかし、後半に6トライを挙げられ健闘も虚しく19点差で敗れた。

結果としては点差を広げられたが、前半に先制し流れをつかんでいる事実は侮れない。さらに苦しい時間を耐えた堅いディフェンスは同志社にとって脅威となる。

同志社陣内での‌近大ボールのラインアウトには注意だ。モールからのトライを許すと一気に流れを掴まれかねない。近大は主将竹内を中心に勢いのあるディフェンスとブレイクダウンで初の白星を狙ってくる。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ