トップリーグ2018-2019レギュラーシーズンの最終節が20日、全国各地で行われる。順位決定トーナメントは12月1日から始まるが、最終節の結果によってその組み合わせが確定する。トーナメントは、レッドカンファレンス1位対ホワイトカンファレンス4位、レッド2位対ホワイト3位というたすき掛け。観戦者としては、その組み合わせを予想しながら楽しめる最終節だ。

1位〜8位決定トーナメントの最後の1枠を争うNECグリーンロケッツ、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス、豊田自動織機シャトルズの結果はもっとも注目されるが、上位陣の順位争いも面白い。

本欄での注目カードは、大阪の万博記念競技場で行われるホワイトカンファレンス1位のヤマハ発動機ジュビロと、3位のリコーブラックラムズの戦いとしたい。前節、パナソニック ワイルドナイツを破って意気上がるリコーが連続で上位陣を倒すのか、それともヤマハ発動機が首位の座を守るのか。

今節は、秋の日本代表メンバーに選出された選手が出場しないため、その人数によって外国籍選手の追加出場が認められる。通常は、海外の代表経験のある選手は2名、代表経験のない選手(特別枠)3名、アジア枠1名だ。たとえば、9人の選手が抜けるパナソニック、7人が抜けるサントリーは、この6名に加えて外国籍選手を3名追加できる。ヤマハ発動機は2名の日本代表が出場できないので、特別枠の選手を1名追加できる。リコーは今回の日本代表には選出されていないので、これまで通りの編成だ。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドではリーグ戦を全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ