ついに開幕した2018関西大学ラグビーAリーグ。この日、立命館大学は2戦目を迎えた。相手は今年4年ぶりにAリーグ復帰を果たした大阪体育大学。大学選手権ベスト8という目標に向け、好発進した立命館は2戦目も白星で飾った。

ゴールを目指すLO小島佑太(済4)

 

秋晴れの中行われた大体大戦。終わってみれば、71-12というスコアで立命館の圧勝だった。前半からFW(フォワード)陣がチャンスを作り、得点を重ねた。

主将の古川聖人(済4)は「ベスト8に向けて自信のつく一戦になった。自分たちのやりたいことがしっかりできた」と振り返った。

立命館が流れを作るきっかけとなったプレーは、前半にあった。前半2分にゴール前5mのラインアウトから押し切り、HO(フッカー)の山口達也(スポ4)がトライ。

このまま、立命館の流れになるかと思われた。しかし、その後細かいペナルティを取られ、自陣にまで押し戻されてしまう。

トライされるかに思われたが、前半の18分、SH(スクラムハーフ)の平尾剛士(スポ1)からのパスを受けたLO(ロック)の小島佑太(済4)が、トライをあげる。

このプレーを機にトライを重ね、立命館は前半を38-0で終えた。小島はこの日3トライをマーク、マン・オブ・ザ・マッチにも選ばれ、「今日は自分の中で乗っているなと思った。気持ちよかった」とはにかんで答えてくれた。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ