激しい順位争いが繰り広げられるトップリーグは第6節を迎える。レギュラーシーズンはあと2試合。各カンファレンス4位以上が優勝を争う1位〜8位決定トーナメントに進み、5位以下は残留をかけての9位〜16位決定トーナメントに回ることになる。第7節は、日本代表メンバーが出場しないため、パナソニック ワイルドナイツ、サントリーサンゴリアス、東芝ブレイブルーパスら主力に代表選手を抱えるチームは大きな影響を受ける。各チームとも、第6節を確実に勝ち抜きたいと考えているだろう。

レッドカンファレンスは、1位神戸製鋼コベルコスティーラーズ(勝ち点22)、2位トヨタ自動車ヴェルブリッツ(18)、3位サントリー(16)、4位NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(13)と続き、5位の豊田自動織機シャトルズ(12)も1点差で追いかける。王者サントリーが3位のまま通過すれば、順位決定戦でホワイトカンファレンスの2位と対戦することになる。少しでも順位を上げておきたいところ。

ホワイトカンファレンスは、早々に1位〜8位決定トーナメント進出を決めたパナソニック(勝ち点22)が首位に立ち、2位ヤマハ発動機ジュビロ(19)、3位リコーブラックラムズ(15)、4位クボタスピアーズ(14)、5位キヤノンイーグルス(12)、6位東芝(11)がトップ4の座を巡って争う。今節はキヤノン対ヤマハ発動機、東芝対クボタなど4位争いに直接かかわる試合があり、目が離せない。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドではリーグ戦を全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ