2018年のザ・ラグビーチャンピオンシップは、10月6日に最終節を迎える。王者ニュージーランド代表オールブラックスは、前節、アルゼンチン代表プーマスを35−17で破り、3連覇、16度目の優勝を決めた。南アフリカ代表スプリングボクスは、前節、オーストラリア代表ワラビーズを23−12で破って、3勝2敗となり、2位の座を確保。3位は2勝3敗のプーマス、最下位が1勝4敗のワラビーズだ。優勝が決まったとはいえ、各国はライバル同士だ。醒めた試合にはならない。加えて、10月27日には日本でオールブラックス対ワラビーズの定期戦ブレディスローカップがあり、来年のラグビーワールドカップに向かっても、各チームの動向から目が離せない。

最終節は、スプリングボクスが南アフリカ共和国プレトリアでオールブラックスを迎え撃つ。9月15日、アウェイでオールブラックスを36−34で破ったスプリングボクスの連勝はなるのか。メンバーは怪我で戦列を離れていたCTBダミアン・デアリエンディほか、経験豊富なNO8フランソワ・ロー、PRスティーヴン・キッツォフが戻ってきた。ラッシー・エラスムス監督は、前節、NO8で活躍したシクンブーゾ・ノーチェのプレーを高く評価したうえで、ローの経験がチームに良い影響を及ぼすと考えているようだ。

前節のワラビーズ戦では6割方ボールを支配されながら、ワラビーズの約2倍のタックル数を記録。WTBアピウェ・ディアンティのキックオフ直後のインターセプトからの先制トライなど効率の良い得点で勝った。前節大活躍だったのは、17タックルを決めたFLピーター=ステフ・デュトイで今節も注目の存在だ。プレーメイカーのSOハンドレ・ポラードも調子を上げている。フィジカル面を押し出したディフェンスで圧力をかけ、オールブラックスをパニックに陥れたい。FBヴィリー・ルルーはこの試合で節目の50キャップとなる。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
ザ・ラグビーチャンピオンシップを全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★ザ・ラグビーチャンピオンシップ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ