個人タイムトライアルで区間勝利したローハン・デニス

優勝候補に挙げられていた3選手が、予想通りトップ3に居並んだ。中でも1年前の初日チームタイムトライアルの終わりにマイヨ・ロホを手にしたローハン・デニスが、2018年ブエルタでは初日個人タイムトライアルを制し、2年連続で赤き衣を身にまとった。

シーズン3つ目にして、最後のグランツールが始まった。誰が勝ってもおかしくない、誰が勝つのか分からない。そんなブエルタ独特のスリリングな緊張感を、例年以上にまき散らしながら、3週間の戦いは幕を開けた。なにしろ2018年の序盤2つのグランツールを盛り立てたフルームもトーマスもデュムランもいない……だけでなく、代わりにその3人「以外」のGCライダーがほぼ全員、開幕の地マラガに集結したのだ!

ただその全員が、マイヨ・ロホ獲りを高らかに宣言しているわけではない。たとえば7月のツールで落車し、鎖骨骨折で泣く泣くリタイアしたリッチー・ポートがそのひとり。序盤2週間はひたすら調子を上げることに専念し、3週目で区間勝利を1つ取りたい……と控えめに願うオージーは、全176選手中19番というかなり早い出走順を選んだ。上りあり、下りあり、石畳ありの全長8kmのコースを、10分30秒で走り終えた。

お知らせ

8/25開幕! ブエルタ・ア・エスパーニャ2018 全21ステージ独占生中継!
マラガからマドリードまで、灼熱のスペインを駆け抜けるグランツール最終戦。勝敗を決めるのは、体力か、知力か、それとも女神の微笑か。3271.4km先のゴールを目指し、23日間の壮大なドラマが、はじまる。


特設サイトはこちら >> https://www.jsports.co.jp/cycle/vuelta/

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ