王座奪還を狙うパナソニック ワイルドナイツ(以下パナソニック)がトップリーグ開幕前にオーストラリアの強豪に挑む。

今年、スーパーラグビー再編により外されたチームの一つ、オーストラリアのウェスタン・フォース(以下フォース)が、鉄鋼業で財をなしたアンドリュー・フォレスト氏のサポートを受けて新設した国際大会が「ワールドシリーズラグビー」である。

5月のフィジー・ウォリアーズ戦を皮切りに始まり、フォースがオーストラリア、ニュージーランド、パシフィックアイランド、アジアなどの地域からチームを招待する形式で行われ、7試合目として8月17日(金)、オーストラリアのパースにあるnibスタジアムで日本のパナソニックがフォースと対戦する。この試合はJ SPORTS 1とJ SPORTSオンデマンドで午後7時20分から生中継される。

福岡堅樹

パナソニック優勝へのキーマンでもある福岡堅樹も開幕に向けて意気込む

パナソニックの先発メンバーの中で、特に活躍に期待がかかるのが、サンウルブズやラグビー日本代表でもエースとしてトライを取り続けている爛好圈璽疋好拭辞WTB福岡堅樹であろう。

6月、日本代表として出場したイタリア代表との第2テストマッチで負傷したが、リハビリと休養を兼ねて1ヶ月くらいオフをとった福岡は「(地元の)福岡にも2週間くらい戻りましたし、心身ともにリフレッシュできました! ケガもほぼ問題ありません」と8月からチームに本格的に合流した。

対戦するフォースは当然、スーパーラグビー経験のあるオーストラリア人中心だが、LO(ロック)には元ニュージーランド代表ジェレミー・スラッシュが先発し、ベンチのバックスには神戸製鋼でもプレーした元南アフリカ代表ピーター・グラント、サントリーなどプレーしていたトゥシ・ピシの弟であるサモア代表のジョージ・ピシも控える強豪だ。

パナソニックの先発メンバーを見ると福岡を筆頭に、PR(プロップ)稲垣啓太、FL(フランカー)布巻峻介、CTB(センター)松田力也、そしてフォースに在籍経験のあるWTB(ウィング)山田章仁、控えのPRクレイグ・ミラー、HO(フッカー)堀江翔太、SH(スクラムハーフ)田中史朗、FB(フルバック)野口竜司らサンウルブズや日本代表で春シーズンはパナソニックにいなかった選手たちが試合に出場する。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
ザ・ラグビーチャンピオンシップを全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★ザ・ラグビーチャンピオンシップ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ