2018年大会最後の難関山岳ステージで、あらゆる総合順位を、あらゆるジャージを懸けた熾烈で過酷な戦いが繰り広げられた。アスパン、トゥルマレ、そしてオービスクというツール常連の伝統峠が、今年もまた素晴らしき戦いの証人となった。

勝者は4人。区間を制し、総合表彰台に昇格したプリモシュ・ログリッチェ、マイヨ・ジョーヌを余裕で守り切ったゲラント・トーマス、山岳賞を(数字の上で)確定したジュリアン・アラフィリップ、そして満身創痍ながら制限タイム内でフィニッシュしたマイヨ・ヴェールのペーター・サガン。ただ翌ステージの個人タイムトライアルを終えるまで……パリ・シャンゼリゼのフィニッシュラインを越えるまで、4人の最終位置は確定しない。

この夏の巡礼も終わりが近づいてきた。病気や負傷を治癒する不思議な力を持つという、そんなルルドの奇跡の泉から、今大会最後の「直接」対決は走り出した。息の詰まるような、ひどく蒸し暑い午後だった。

アラフィリップはマイヨ・ア・ポワを手に入れるための最後の逃げを打った。スタート直後に3人、その後3人、さらに6人、ついでにもう6人……と少しずつ大きくなっていった先頭集団に、山岳ジャージもするりと滑り込んだ。

ちょっぴり心配だったのは、山岳賞2位ワレン・バルギルもまた、逃げに乗ったこと。すでに67ptものリードをつけていたし、今区間は最大でも72ptしか収集できないから……勝負は終わったも同然だった。スタート前にはバルギルも「もはや山岳は狙わない。区間一本に絞る」と宣言していた。それでもアラフィリップは、最大級の警戒を解かなかった。やはり前集団に入ったチームメートのボブ・ユンゲルスの助けも得て、1級アスパン峠で見事な先頭通過を果たす。

そしてこの瞬間に、数字の上で、アラフィリップの山岳賞が確定した。2位との差は69ptに開き、残り3峠を全部独り占めしても65ptだから……、あとは最後まで走り切るだけでよかった。ただ赤玉の価値をさらに引き上げるため、最後にもうちょっとだけ頑張った。ツール屈指の伝統峠トゥルマレを先頭で通過し、ツール第2代開催委員長の名を冠したジャック・ゴデ賞を獲得するために。

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ