これぞ黄金パターン。1度目の休息日明けの、アルプス初日の下りフィニッシュで、21人の大きな逃げに乗ったジュリアン・アラフィリップは独走勝利を勝ち取った。そして2度目の休息日明けの、ピレネー初日の下りフィニッシュで、47人の巨大な逃げに乗ったアラフィリップが、興奮に沸くフィニッシュラインへひとりで姿を現した。「パリまで守れなくても失望はしないけれど」と改めて繰り返しつつも、パリ到着まで5日、改めて山岳ジャージもしっかりと着込んだ。

カルカッソンヌでの骨休めを終えた148人のプロトンは、ピレネーへ向かって猛スピードで走り出した。誰かが飛び出しては、すぐに他の誰かが吸収に向かった。いつまでたっても正式な逃げ集団が出来上がらぬまま、序盤2時間を時速47.7kmというとてつもないハイスピードで突っ走った。

……ただし17分間の中断を除く。走り出して30kmほどの地点だった。地元の農業団体が、干し草の束や羊の群れを使って、レース妨害を試みたのだ。警察によってデモ隊は排除された。ただ、その時に使用された催涙ガスが、風向きのせいでプロトンのほうに流れてしまった。おかげで目の痛みを訴える選手が続出する。開催委員会はレースを一旦停止し、治療のために時間を割いた。

「自転車レースとは競技場のないスポーツである。サッカーやテニスとは違い、戦いの場は『公道』しかない。その場所を封鎖するということは、選手たちの仕事場を奪うということ。仕事の環境改善を求めてデモを行うなら、選手たちの仕事も、同じようにリスペクトして欲しい」(大会開催委員長クリスティアン・プリュドム、TVインタビューより)

再び走り出したプロトンは、まるで何事もなかったかのように、再び猛烈なアタック合戦を繰り広げた。延々100kmもの試みの果てに、ついには大きな逃げ集団が飛び出した。その数なんと47人!

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ