亡き友人へ勝利を捧げるデゲンコルブ

亡き友人へ勝利を捧げるデゲンコルブ

第1週目のポイントになると事前から予想されていた石畳ステージ、アクチュアルスタート直後から激しいアタックがかかるが、集団のスピードが上がり抜け出せる選手が出てこない。時速60km/h前後の超高速巡航で7kmほど走った地点で集団落車が発生、リッチー・ポート(BMCレーシングチーム)とホセホアキン・ロハス(モヴィスター チーム)がリタイアとなった。

その時点で先行していたオマール・フライレ(アスタナ プロチーム)、ジェローム・クザン、ダミアン・ゴーダン(共にディレクトエネルジー)、トーマス・デヘント(ロット・ソウダル)、アントワン・トルホーク(チーム ロットNL・ユンボ)の5選手と、追走していたチャド・ハガ(チームサンウェブ)、レイナールド・イョンスファンレンスブルク(チーム ディメンションデータ)、オリヴィエ・ルガック、ニコラ・エデ(共にコフィディス、ソリュシオンクレディ)、リリアン・カルメジャーヌ(ディレクトエネルジー)の5選手がジョイント、先頭グループが形成された。

最初の石畳区間に入ると先頭グループのトルホークがパンク、3分後に突入したメイン集団ではロメン・バルデ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル)に最初の災難が訪れる。この日バルデは3度のパンクに見舞われ、タイヤ&バイク交換を繰り返しながらメイン集団にくらいつき最終的に34秒遅れでゴール。トラブル最多となったが最小タイムで抑えることができたのは不幸中の幸いだった。

中間スプリントポイントはデヘントが先頭通過、メイン集団ではペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)が争わずに5ポイントを獲得。エガン・ベルナル(チーム スカイ)が石畳区間終わりで単独落車をすると今ステージ優勝候補のニキ・テルプストラ(クイックステップフロアーズ)も落車。メカニカルトラブルでアルテュール・ヴィショ(グルパマ・エフデジ)、ローラン・ピション(チーム フォルテュネオ・サムシック)などがチームカーのサポートを待った。

アスファルト区間では遅れた選手たちがメイン集団まで復帰するも、石畳区間に入るとトラブルで集団は分断される。石畳巧者のヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)なども一時期遅れたが集団復帰することができた。クリス・フルーム(チーム スカイ)もミケル・ランダ(モヴィスター チーム)もリゴベルト・ウラン(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)もポートの代わりにエースに任命されたティージェイ・ヴァンガーデレン(BMCレーシングチーム)も落車し、最終的にフルーム以外は集団に戻れなかった(フルーム含むメイン集団は+27秒でフィニッシュ)。ランダは34秒、ウランは1分55秒、ヴァンガーデレンは5分47秒遅れてフィニッシュ。またジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ)は12分以上タイムを失っている。

残り距離20kmでこの日敢闘賞のゴーダンらの逃げグループを吸収し、ボーナスタイムポイントをグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(BMCレーシングチーム)が先頭通過で3秒獲得。第2セクター悪名高き「カンファナン=ペヴェル(4つ星)」でヴァンアーヴェルマート、イヴ・ランパルト(クイックステップフロアーズ)、ジョン・デゲンコルブ(トレック・セガフレード)の3選手が抜け出すことに成功。サガンやトム・デュムラン(チームサンウェブ)、アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム)はフィリップ・ジルベールやボブ・ユンゲルス(共にクイックステップフロアーズ)、ジャスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード)のペースダウンに阻まれ追いかけることができない。

フラムルージュをデゲンコルブが先頭で通過しゴール前800m、激しい牽制がおこりペースダウンしたまま残り200m、前に出されていたデゲンコルブがスプリントを開始するとヴァンアーヴェルマートとランパルトも踏み込んだが、デゲンコルブのスプリント力には歯が立たなかった。2年半前の練習中の交通事故以降、大きな勝利に恵まれなかったデゲンコルブが嬉しいツール区間初勝利を手に入れた。

「長い間この1勝をずっと待ち望んでいた、ひどくつらい時間だったからより素晴らしい、いつも信じてくれているチームに感謝している」(デゲンコルブ勝利後インタビュー)

「自分にとってはよい一週目と言えるけど、ポートがリタイアしてしまったのは非常に残念。しかし、これからも大いなる挑戦がチームにはある」(ヴァンアーヴェルマート、レース後インタビュー)

第9ステージ結果

1 ジョン・デゲンコルブ(トレック・セガフレード/ドイツ)in 03h 24'26''
2 グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(BMCレーシングチーム/ベルギー)at 00'00''
3 イヴ・ランパルト(クイックステップフロアーズ/ベルギー)at 00'00''
4 フィリップ・ジルベール(クイックステップフロアーズ/ベルギー)at 00'19''
5 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)at 00'19''
6 ジャスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード/ベルギー)at 00'19''
7 ボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ/ルクセンブルク)at 00'19''
8 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル/ドイツ)at 00'27''
9 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(チーム ディメンションデータ/ノルウェー)at 00'27''
10 ティモティ・デュポン(ワンティ・グループゴペール/ベルギー)at 00'27''
・・・
35 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)at 00'34''
36 ロメン・バルデ(AG2R/フランス)at 00'34''
59 リゴベルト・ウラン(チームEFドラパック・p/bキャノンデール/コロンビア)at 01'55''
85 ティージェイ・ヴァンガーデレン(BMCレーシングチーム/アメリカ)at 05'47''
108 ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ/フランス)at 12'24''
136 エガン・ベルナル(チーム スカイ/コロンビア)at 16'09''

お知らせ

☐ ツール・ド・フランス 2018
全21ステージ独占生中継!
»詳しくはツール・ド・フランス特設サイトへ


☐ お申込みはこちらから
テレビで見るなら「スカパー!」
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド」

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ