昨年の感動が再び、東京都・港区、そしてラグビーの「聖地」秩父宮ラグビー場にやってくる。

ラグビーワールドカップ2019日本大会を来年に控え、6月17日(日)、東京・北青山にある秩父宮ラグビー場を中心に、試合はもちろんのこと、さまざまなイベントを通してラグビーが体感できる地域国際交流イベント「秩父宮みなとラグビーまつり2018」が今年も開催される。

今年のメインはフレンドマッチ2試合で、オーストラリアのスーパーラグビーの強豪2チーム、ワラターズブランビーズを招く。

日本側からはトップリーグチーム2チームが参戦し、港区台場や赤坂に社屋を構えるサントリー(サンゴリアス)が昨年に続き登場し、今年は港区芝に本社があるNEC(グリーンロケッツ)も参加することになった。

本イベントの大きな特徴としては、試合開始の前から試合開始後までラグビーを軸とした地域・国際交流イベントを楽しめることにあるだろう。

昨年の秩父宮みなとラグビーまつり

昨年はラグビーイベントとしては初めてスタジアム通りを封鎖し、ワールドカップに出場する国の大使館や、2019年ラグビーワールドカップ開催都市、世界各国の食事など30団体44ブースが出展された。

特設イベントではアイドルイベントや元ラグビー日本代表選手によるトークショーが行われ、2万5000人を超える人々が参加して、まさしく秩父宮ラグビー場周辺がラグビー一色に染まった。

今年も昨年同様にスタジアム通りが封鎖されることが決まっており、スタジアム通りだけでなく、絵画館前通り(いちょう並木)にも様々なブースが出店されることになった。

昨年のステージの様子

ラグビーのグッズの販売があったり、世界のグルメが楽しめたりすること以外にも、元ラグビー日本代表の齊藤祐也さんと今泉清さんによるトークセッションが行われる。

その他、「KAGAJO☆7」やEBiDAN39&KiDSの選抜メンバーで構成される「BATTLE BOYS」の熱気溢れるアイドルたちのライブ、気軽にラグビーを体験できる「J:COMラグビーパーク」も実施。

また、子ども向け体力測定コーナー、ラグビーが盛んな自治体のPRブースを巡るスタンプラリーなどが企画されており、昨年以上の盛り上がりを見せることは間違いない。

他にも秩父宮ラグビー場では、試合の前には「秩父宮ラグビー場『聖地』体験プログラム」として、元ラグビー日本代表元で「秩父宮みなとラグビーまつり」アンバサダーの齊藤祐也さんによる、初心者や女子向けのラグビー講習会も実施される。

また、試合中には「スポ婚 〜Tackle toward true Love〜」という、ラグビー観戦を楽しみながら、男女の出合いを創出する街コンも実施される(申し込みはすでに終了)。

お知らせ

ラグビー テストマッチ徹底配信!
日本代表戦も録画配信

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら

★海外ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ