2019年のラグビーワールドカップ(RWC)まで500日を切り、日本代表の強化もいよいよ最終段階に入ってきた。スーパーラグビーに参戦するサンウルブズ、日本代表予備軍をレベルアップさせるナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)、そして日本代表の3本柱での強化は順調に進んでいるのだろうか。日本ラグビー屈指のコーチである、ヤマハ発動機ジュビロの清宮克幸監督はどう見るのか、2018年春の日本代表強化についてお話を伺った。このインタビューが行われたのは、NDSのニュージーランド遠征が終了し、サンウルブズがクルセイダーズ、ハリケーンズという昨年、一昨年の王者に敗れた直後のことだった。

──苦しい戦いを続けるサンウルブズですが、スーパーラグビーで戦う成果をどう見ていますか。

清宮克幸監督

ヤマハ発動機の清宮克幸監督は「日本代表とサンウルブズが、ほぼ同じメンバーでチーム作りをしているということが成果でしょうね」と語る

「日本代表とサンウルブズが、ほぼ同じメンバーでチーム作りをしているということが成果でしょうね。メンバーをほぼ固めて、残りの一年数カ月を過ごすことができる。(ラグビーワールドカップで勝つ)可能性はいくらでも広がります。2019年に向かって計算できる選手も出てきた。今はまだ戦術を統一するというところまでは行っていないと思います。セットプレー(スクラム、ラインアウト)も安定してきた。ラインアウトは(RWC)直前でも、いろんな工夫ができる。RWCで初めて体験する動きをされたら、どんなチームも対応できない。絵の描き方次第ですが、それまでのテストマッチと違うシステムを、自滅しないでできればボールは獲れます」

──スーパーラグビーで、クルセイダーズやハリケーンズといった強豪国と変わらない実力を持つチームと戦えることも貴重な機会ですね。

「それによって地力は絶対についているでしょうね。もちろん、試合展開を見ていて、その動きは拙い、そこはしっかりコントロールすべきと気になるところはあります。そこがしっかりできれば、2、3トライの差は詰まるというところは、今後突き詰めていくでしょう。でも、根本のところはしっかり戦えていると思います」

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ