前節の東海大学戦ではトライを量産し、圧倒した明治。第3戦は、5月13日(日)静岡県草薙競技場にて流通経済大学と対決する。

東海大戦でマルチな才能をみせた齊藤大

昨年度の関東大学春季大会ではダブルスコアで圧勝を収めた。明治は今季、帝京大学、東海大と強豪相手に連勝中。流れもそのままに、流経大にも快勝したいところ。初優勝へ負けは許されない。

流経大の強みのFW(フォワード)に真っ向勝負だ。明治は先日行われた帝京大戦で、スクラムでのターンオーバーを連発するなどFWの調子は上向き。

PR(プロップ)吉岡大貴(農4=日向)は「スクラムについては譲れないところがある」と明治のおはこに自信を持つ。春に鍛えあげたフィットネスは早くも成果が現れ始めている。流経大戦でも明治大重戦車がスクラムから試合を支配したい。

課題は勝利への執念だ。東海大戦では、前半に大量リードとしたが、後半に入るとその勢いは見えなくなった。「後半の失点が多すぎた」とSH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗渓学園)も反省。

昨年度の大学選手権決勝では後半に逆転を許し、1点に泣いている。最後のホイッスルが鳴るまで集中力を持続させ、80分間の勝負に臨みたい。

「80分間集中を切らさず、相手に圧をかけ続けるのがSHの役目」と福田健。強気なキャプテンシーでチームを勝利に導く。前節の東海大戦では自らキックで浮かせたボールを再び確保し、インゴールに押さえ込む場面も見られた。

自ら仕掛けて勝負すべきか、周囲を生かしたチャンスメークを試みるべきか。2歩、3歩先を読んだ状況判断を瞬時に下すためには、全体を見る余裕が常に求められる。福田健は主将として、そして9番として誰よりも頼りになる存在となっている。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ