前節の帝京大学戦で劇的な逆転勝利を収めた明治大学。第2戦は、5月6日(日)秩父宮ラグビー場にて東海大学と対決する。

昨年度の大学選手権決勝では、帝京大に対してわずか1点差で敗北。リベンジマッチとなった4月30日の試合前、田中澄憲監督は「昨年度の悔しさをどれだけ試合で出せるか」と意気込みを語った。

セットプレーから流れをつかむ

十八番のスクラムがチームを勝利へ導いた。今年のFW(フォワード)のテーマは「BK(バックス)にクオリティーボール、生きたボールを供給すること」(滝澤佳之FWコーチ)。また普段の練習ではリコーとスクラムを組み自分たちの形を再確認した。

その成果が表れたのは、10-14で迎えた後半38分。敵陣ゴール前でペナルティを獲得すると「学生たちがプライドを持ってスクラムを選択してくれた」。(田中監督)。

FW陣が10フェーズ以上重ねると、最後はFL(フランカー)朝長駿(農4=長崎北陽台)がゴールラインに飛び込んでトライ。17-14で見事逆転勝利を収め、雪辱を果たした。

今年もタレント揃いの選手が重戦車を担う。昨年U20日本代表に選出され世界を経験したHO(フッカー)武井日向(商3=国学院栃木)、レギュラーに定着し始めた朝長、NO8(ナンバーエイト)坂和樹(政経3=明大中野八王子)と層が厚い。強靭なフィジカルを持つ東海大とのスクラム対決でも活躍を期待したい。

これまでの試合では一時リードしていても、途中で逆転されてしまい勝ち切れないことが多かった。

しかし、「一人一人が高い意識を持って最後逆転できたことは成長している証拠」とSH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗溪学園)は分析。23人全員の「帝京大に勝つ」という気持ちが一つになった瞬間だった。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンド限定/
ラグビー第7回 関東大学春季大会
Aグループ全試合を含む注目試合をLIVE配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ