早いものでスーパーラグビーも後半戦。今週は第10節を迎え、4月21日(土)は、オーストラリアカンファレンス4位&全体12位のレッズ3勝4敗/勝ち点13)が、ホームにニュージーランドカンファレンス3位&全体5位のチーフス5勝2敗/勝ち点21)を迎える。

毎年4月25日は、「アンザック(ANZAC)・デー」と呼ばれており、1915年の第一次世界大戦で、トルコで行われた「ガリポリの戦い」で戦ったオーストラリア・ニュージーランド連合軍(Australia and New Zealand Army Corps:ANZAC)兵士の追悼を行う日であり、両国などで休日となっている。

そのため、アンザック・デーを控えて、このオーストラリアとニュージーランドの両チームの戦いは特別なものになろう。

ホームのレッズは、開幕戦でレベルズに敗戦したが、その後はブランビーズ、ブルズ、ジャガーズに3連勝した。

しかし、前節は同じオーストラリアカンファレンス首位のワラターズに黒星を喫し、現在は3連敗と調子を落としており、久しぶりのホームで勝ち星を上げて、再び上昇気流に乗りたいところだ。

一方、ニュージーランドの強豪チーフスは5連勝中だったが、前節、ニュージーランドカンファレンス首位のハリケーンズに13-25で敗戦。5勝2敗となったが、強豪ひしめくニュージーランドカンファレンス内では3位につけており、今年も安定的な強さを見せている。

まずはホームのレッズのメンバーを見てみよう。前節のワラターズ戦から先発を3人変更した。FW(フォワード)はPR(プロップ)タニエラ・トゥポウがケガから復帰。

FL(フランカー)はアンガス・スコット ヤングが、第6節以来のスターティングメンバーに入った。BK(バックス)はトヨタ自動車でもプレー経験のあるSH(スクラムハーフ)ベン・ルーカスが、2週間前のブランビーズ戦の脳しんとうから戻ってきた。

もちろん、ワラビーズ経験者のPRジェームズ・スリッパー、LO(ロック)ケイン・ダグラス、CTB(センター)サム・ケレヴィといった主力もスターターに名を連ねる。司令塔のSO(スタンドオフ)にはキックも上手いジョノ・ランスが入った。

そして、リザーブにはサントリーで活躍して日本のファンにもお馴染みの、オーストラリア代表111キャップのベテランのFLジョージ・スミスが背中のケガから復帰し、今年初めてスーパーラグビーのメンバー入りを果たした。

また、昨シーズンまでトヨタ自動車でプレーし、先週はリーグの「ベスト15」にも選ばれたルーアン・スミスはベンチからのスタートとなった。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ