前節のワラターズ戦では、29−50で完敗したサンウルブズだが、スーパーラグビーの公式サイトの第8節のチーム・オブ・ザ・ウィーク(週間ベスト15)に、NO8姫野和樹、CTBマイケル・リトルが選ばれた。姫野は第2節のブランビーズ戦以来2度目の選出で、後半27分までの出場ながら、11回ボールを持って突進し、57m前進。3人のディフェンダーを突破し、3度クリーンにディフェンスラインを突破し、1トライ。ディフェンス面でも9回のタックルをノーミスで決めている。一方のリトルは自陣から抜け出してサム・ワイクスのトライを演出したロングゲインも含む132mの前進。2度トライをアシストし、自らも1トライをあげている。

マイケル・リトル

週間ベスト15を受賞しブルーズ戦でも期待が高まるサンウルブズのマイケル・リトル

今週末の注目選手はマイケル・リトル(183cm、93kg、25歳)としたい。リトルは、ニュージーランド代表オールブラックスのCTBウォルター・リトルを父に持つ。ウォルターは、オールブラックスで1989年〜98年に50テストマッチに出場し、フランク・バンスとの名CTBコンビで知られた。三洋電機(現パナソニック)ワイルドナイツでのプレー経験があり、そのとき、息子マイケルもチームの本拠地である群馬県の大泉町立西小学校に2年間通った。

マイケルはイタリア生まれのニュージーランド育ち。フィジアンの血も流れており、U20フィジー代表でもプレーした。父と同じグレンフィールドクラブでプレーし、ノースハーバー州代表には選ばれたが、その上のブルーズ(スーパーラグビー)でプレーすることはできなかった。2017年より三菱重工相模原ダイナボアーズ入りして、2018年サンウルブズへ。将来は「日本代表に呼ばれたら、ノーとは言いません」と、複数の選択肢の中から日本代表でのプレーを目指す。

ワラターズ戦の活躍は誰もが称賛するものだが、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチからは、2回のタックルミスを注意された。今回は顔見知りの多いブルーズとの対戦に腕を撫す。「友人との試合は楽しみ。自分としては毎試合、100%のプレーを目指すのみです」。サンウルブズでのプレーについては「世界中の文化が混ざり合っているのが良いところ。一人一人から新しいものを習うことができる。そんな文化の交流を楽しんでいます」と語る。特別に体が大きいわけでも、卓越したスピードを持っているわけではないが、だからこそのハードワークに注目である。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
スーパーラグビー2018全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★スーパーラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ