大きく入れ替わっているランキング上位の顔ぶれ

前回は、今季の上位メンバーが固まってきたという話題を取り上げた。ご存知のようにその顔ぶれは、昨季とは入れ替わっている。なぜなら、昨季のポジションから大きく飛躍した“絶好調”といえる選手と、真反対に、不調でランキングをガクンと落とした選手とがいるからだ。

絶好調組の代表格がドミトリー・レイヒャード(KAZ)だろう。過去に優勝経験もある実力派ながら、ここまで安定して上位に入り続けるシーズンはなかった。これまで2位4回で総合2位。W杯キャリア13年目にして五輪メダルを狙える位置に浮上した。

また、韓国のチェ・ジェウは自身最高の戦績を残し、ここ数シーズンは怪我に泣き続けた遠藤尚は完全復活を果たしトップランカーに返り咲いた。

最年長選手・西は全盛期の輝きを取り戻す

西 伸幸

常に攻撃的な滑りを見せる西の姿勢は、若い選手たちの手本になっている

もう一人、西伸幸の健闘も目を引く。第6戦では玉砕したが、それまでは決勝に残り続けている。2位になった世界選手権猪苗代大会から9年、右膝靱帯断裂という引退必至の大怪我('16年)を克服し、32歳にして再び世界の第一線に戻ってきたのだ。

一方、女子はジャエリン・カーフ、モーガン・シルドらアメリカ勢の台頭が最大のトピックといえる。昨季の総合ランキングで米女子選手は10位以内に2名しかいなかったが、現在は5名が名を連ねている結果がそれを象徴している。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の17/18シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合・フリーライドワールドツアーを配信!

●ウインターパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
»詳しくはこちら


★スキー特集ページはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ