男女とも本命が優勝も、意外な結果となった開幕戦

ブリトニー・コックス

いつの間にか表彰台の中央を定位置
としたコックス。五輪金メダルの
大本命に

いよいよ、今季のW杯が始まった。フィンランドのルカで行われた開幕戦は、まず予選1で上位8選手の決勝進出が決定、予選2でそれ以外の選手が滑り、上位8選手が追加決勝進出者となるというレース形式で行われた(決勝は通常と同じ)。
選手たちがまだ本調子ではない開幕戦は意外な結果になることが多いが、今回もそのパターンだった。 女子は16季の総合優勝者クロエ・デュフォー-ラポイント(CAN)が予選落ちする波乱もあり、ファイナルは、1位ブリテニー・コックス(AUS)、2位オードリー・ロビショー(CAN)、3位マリカ・ペルタキア(RUS)、4位アンディ・ノーディ、5位ジャエリン・カーフ(USA)、6位ペリーヌ・ラフォンという順位に。興味深いのは五輪代表枠争いが特に熾烈なカナダ女子のなかで、昨季は4番手に甘んじていたベテラン選手ロビショーの健闘だ。上記選手のほかにもジャスティン・デュフォー-ラポイント(7位)、アレックス-アン・ガニョン(13位)ら五輪代表候補がゴロゴロいるなかでの2位は、大きなアドバンテージとなるだろう。

カザフスタン勢が表彰台に2名というサプライズが

ドミトリー・ライフェルド

レイヒャルドはすでにベテラン
ながら、昨季も優勝の実績もあり、
まだ第一線の実力を誇る

一方男子は、ミカエル・キングスベリー(CAN)が連続優勝記録を8に伸ばし、続く2位は予選1を1位通過のドミトリー・レイヒャルド(KAZ)。ここまでは驚く要素がないが、サプライズだったのはその次。過去にW杯一桁順位が1度しかなかったパヴェル・コルマコフというカザフスタン選手が3位だったのだ。おそらく、カザフスタンの選手がW杯表彰台に2名上がったのはこれが初めてだろう。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の17/18シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合を配信!
月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ